The Wall Street Journalが入手したという情報によると、GoogleはiOS用Mapアプリのテスト版を社外のテスターに配布しているようだ。App Storeに申請する前に、最終確認をしているのだが、いつ申請されるのかは不明だとのこと。

IMG 6345

Googleのスポークスマンは「我々のゴールは、デバイスやブラウザ、オペレーティングシステムに関わらず、Google Mapを利用したい人すべてに利用してもらうことだ」と伝えているとのことなので、iOS用Google Mapアプリは当然そのゴールに含まれるということだろう。

Appleのスポークスマンは「申請前のアプリについてはコメントできない」と言っているが、新OSから標準アプリではなくなったYouTubeアプリもApp Storeでリリースされており、Google Mapアプリを却下する公正な理由はなさそうだ。

Appleのマップアプリは少しづつ進化しており、「大王製紙」は消えているが、残念ながら、まだ渋谷駅は発見しにくい。

IMG 6346

IMG 6345

新Google Mapアプリにはナビゲーション機能も追加されるという情報もある。そもそもナビゲーション機能の提供方法について合意ができなかったことがAppleが独自マップを提供することになった1つの大きな要因だったというのが通説だが、果たして、それらの経緯を振り払って新Google Mapアプリがリリースされることになるのだろうか。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>