WWDC2012も残すところ後1日となり、今日はAppleのオフィシャルパーティBashが開催された。キーノートに始まり、日々の会場への入場、セッションの参加等、至るところで長い行列となるカンファレンスは、BashパーティでもYerba Buenaガーデンを1周する長い列となった。

かつてはSonyが所有していたメトレオンの隣りのYerba BuenaガーデンにはWWDCに参加しているエンジニアたちが詰めかけている。

会場にはものすごい数の背番号12が集っている。

6時に開幕したパーティは、Scott Forstall氏の紹介でバンドの演奏が開始された。

ボーカルのタイラーが日本に交換留学していたというNeon Treesが何千人ものGeek達の前でパフォーマンスを披露した。

メトレオンの屋上にはスーツ姿の人たちが演奏を楽しんでいる。

デベロッパー観衆は個々に静かに盛り上がっている。

フィナーレでは「年なんて関係ないよ」というメッセージと共にヒットソング「Animal」が披露された。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>