バッテリーHD

iOS6がリリースされてから、3週間ほどが経とうとしています(記事執筆時)

これまでもそうでしたが、OSが新たにリリースされると、よくメディアなんかで取り沙汰されるのがバッテリーの話題。大小沢山の新機能が追加されたり、 一部変更が行われ、バッテリー消費に最適と思われていた設定をもう一度見直さなければならない時もあります。

あれこれとバッテリー節約や最適化の為のTipsを読みあさり、設定を済ませた後、ずっと試したいと思っていたのが、バッテリー残量チェックのアプリ。

今回初めて使ってみましたので、レビューしてみたいと思います。

 

■バッテリーに関することならこのアプリにお任せ!!

IMG 2443

バッテリーの残量というのは、モバイルデバイスの最も煩わしいところだと個人的には思います。どんな用途で使用していても、必ず気にしなければならないものですし、本体の充電はほぼ毎日行っています。

開発者の皆さんがそんなバッテリーに関するアプリを開発されるのもうなずけます。 『バッテリーを制する者はモバイルを制す』は言い過ぎかもしれませんが(笑) こういったアプリによって少しでもバッテリーに関する心配事が減ってくれるのであれば、ありがたいことです。

では、まずは簡単にアプリの中身をご紹介します。

画面いっぱいに、電池残量の情報が表示され、下にメニューバーがあるというオーソドックスな形です。
NewImage

ホーム画面。
この画面で、バッテリーの残量に対して、どれだけの事が出来るかという一応の目安を確認する事が出来ます。右フリックで、ページを変えて、メディア再生や、ネット閲覧など合計8項目を確認する事が可能です。
NewImage
テーマ。バッテリーのルックスを変更出来ます。これはあまり必要ないかも。一番シンプルなやつでいい。イラストで大きく表示されるのはいいですね。何気に便利です。
NewImage
次に、充電状態。充電器に差し込むと自動的に表示されます。画面中央に表示されたカウンターが回りだし、フル充電までの時間を知らせてくれますが、実質、このカウンターの数字の1.5倍から2倍くらいの早さで充電されるようです。使っている充電器の性能によって変わってしまうのかも。この辺りはまだまだ改善の余地あり。因に、フル充電になるとアラームでお知らせしてくれる機能。
NewImage
IMG 2449そして充電記録。この充電の履歴が記録されるのがこのテのアプリで一番いいところかも。OSのアップデートや設定によって変わってしまったバッテリーの減り具合を、充電の頻度やフル充電までの時間で計る事が出来ます。
NewImage
■『もっと』メニューで、バッテリー節約の小技を見たり、トリクル充電の時間を調整する。

メニューバーの一番右側にある『もっと』というメニュー。
このメニューではバッテリー節約の小技や、トリクル充電開始後の時間を調整出来ます。

まずはバッテリーの節約Tips。どのTipsも様々なメディアで紹介されている基本中の基本ばかり。一度読んでおくとよいです。
NewImage
NewImage
そして、トリクル充電の時間調整。トリクル充電とはiPhoneやiPadで採用されているリチウムバッテリーの寿命を伸ばすために組み込まれた充電方法の事。
リンク|トリクル充電 |Wikipedia

iPhoneでは、80%くらいまで急速に充電し、80%を過ぎる頃にゆっくりと充電する仕組みに切り替わるそうですが、その時間を10分から120分の間で調整する事が可能です。
NewImage
冒頭で書かせて頂いたこと以外にも、バッテリー節約の為に、泣く泣くOFFにいている機能があったり、よく充電を忘れて慌てて充電するというシーンが多い人にもちょっとした手助けになりそうなアプリです。

「普段充電に1時間かかるところを10分で」というわけにはさすがにいきませんが、自分のiPhoneが充電されていく様子や、バッテリー残量から発揮できるパフォーマンスを知ることは、普段バッテリー切れに怯えながら使っているユーザーにとっては意外と便利なアプリだと思います。

  • 無料
  • カテゴリ: ユーティリティ
  • リリース: 2012/03/08
  • バージョン: 1.0
  • サイズ : 5.6 MB
  • 言語: 日本語, 英語
  • 販売元: maoqin ma

バッテリーHD - App the Best


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>