「Display Recorder」は、iPhoneやiPadの画面の動きを音声付きで録画できるアプリ。以前は脱獄アプリでのみ利用可能だったアプリだが、この度、App Storeにもリリースされた。
「Display Recorder」は画面の操作内容をそのまま録画しながら、マイクからナレーションやBGMを録音することができる。
「Display Recorder」を使ってアプリの使い方をご紹介してみるとこんな感じになる。(滑舌が悪いのはアプリではなく私の問題ですので悪しからず)

バージョン1.0.0では、言語環境の書式を英語(アメリカ合衆国)にしないと録画できないというバグが発生しているので、録画を開始する前に、設定画面から書式の変更をする。

アプリを起動して、画面左下の録画開始ボタンをタップすると録画が開始される。

録画が始まると画面の動きとマイクに入力された音がビデオに記録される。録画ボタン右には経過時間が表示される。

録画中に録画ボタンをタップすると録画が一時停止される。再度録画ボタンをタップすれば録画が再開する。

録画停止後に右端の黒いボタンをタップすると、オーディオとビデオを結合する作業が実行され、作業が終了するとビデオが出来上がる。

作成したビデオは「Recorded Items」画面に一覧表示される。

右端の「>」ボタンをタップするとビデオのタイトルや説明、キーワード、ジャンルといった情報を編集できる。「Is Private Movie」はオンにしても有効にはならなかった。

リストのビデオをタップすると左端に再生ボタンが表示され、ボタンをタップするとビデオの再生が始まる。

以下は「Temple Run」をレコードしたビデオを再生したもの。AirPlayもサポートされている。

作成したビデオは、YouTubeへアップロード、フォトライブラリにエクスポート、他のアプリでオープンすることができる。

設定画面では、録画、ビデオ、オーディオに関する設定ができる。

「Record Type」では、オーディオとビデオ、ビデオのみ、オーディオのみから録画方法を選択できる。

「Max Duration」では最大録画時間を指定できる。指定した時間が経過すると自動的に録画が終了してオーディオとビデオの結合処理が開始される。

「Capture Method」では、録画の方式を指定する。「Direct Access」は画面に表示される内容をそのままビデオとして録画する。OpenGLを利用したゲームアプリ等は画面の動きをそのまま録画することができないので、「Screen Capture」モードでスクリーンイメージを記録する。

以下のビデオは「Temple Run」を録画したものだが、「Direct Access」では画面が真っ黒になってしまうので、「Screen Capture」モードを指定している。

ビデオの品質は3つのレベルから選択できる。

「Video Orientation」では録画時の画面の向きを指定する。「Auto」では録画開始時のデバイスの向きが録画画面の向きに指定されるが、横固定(反転)、縦固定(反転)を指定することもできる。

その他、オーディオのコーデックやサンプルレート、チャンネル、録画一覧のソート方法の指定も可能。

「Help」にはアプリの使い方が説明されている。

アプリはiPadにも対応しており、iPadのスクリーンを録画することもできる。

RealRacing2HDを「Screen Capture」モードで録画するとこんな感じになる。

また、システムサウンドを使用しているアプリの場合はアプリのサウンドは無視される。例えば、Loopのようなアプリを録画しても音は再生されない。

ただ、ガレージバンドの場合は若干のブレはあるものの音が再生できる。

 

言語環境の問題や若干の制約はあるものの、iPhoneやiPad上のスクリーンの動作がビデオに収録できるといろいろなことに利用できそうだ。特にゲームや音楽関係のアプリの紹介には有効活用できそうだ。

この App は iPhone、iPad の両方に対応しています。
  • ¥170
  • カテゴリ: 写真/ビデオ
  • リリース: 2012/06/16
  • バージョン: 1.0.0
  • サイズ : 3.0 MB
  • 言語: 英語
  • 販売業者 : BUGUN Software Co., Ltd

Display Recorder - BUGUN Software Co., Ltd


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>