IFTTTは「if this then that」をしてくれるサービス。つまり、「これが起きたらこれをして」という風に様々なイベントを監視して自動的に処理を実行するということができる。例えば、「Twitterで自分宛てのメンションが来たらそれをツイートする」というようなことができる。

ifttt.comのサイトに行くと、以下の画面が表示される。「Join IFTTT」をクリックしてアカウントを登録するところから全てが始まる。

スクリーンショット 2012 09 12 20 33 04

[wp_ad_camp_1]

アカウント登録はユーザー名とメールアドレス、パスワードを設定するだけ。

スクリーンショット 2012 09 12 20 33 12

アカウントが作成されると、https://ifttt.com/wtfというページが表示される。wtfというページ名が型破りだ。

スクリーンショット 2012 09 12 20 37 43

 

IFTTTには、ChannelとTrigger、Action、Ingredient、Recipeという役割が存在する。役割の定義は以下のとおり:

  • Channel:TwitterやFacebook、Evenote、メール等、「this」と「that」のところで利用するサービス。
  • Trigger:「this」に相当する部分でActionのきっかけになるもの。
  • Action:「that」に相当する部分で何をするかを決める部分。
  • Ingredient:Triggerを構成するパーツ。例えば、メールのサブジェクト、ボディ、アタッチメント、日付、送信元等。
  • Recipe:「if this then that」全体を指す。パーソナルと共有のRecipeがある。

Recipeを作成するには、画面上の「Create」をクリックする。以下の画面が表示されたら、「this」クリックしてTriggerを設定する。

スクリーンショット 2012 09 12 20 54 04

表示されるChannelからTriggerに指定したいものをクリックして選択する。

スクリーンショット 2012 09 12 20 55 37

 

例えば、Twitterを選択すると、初回はアクティベート画面が表示される。「Activate」をクリックすると、Twitterのログイン画面が表示されるので、ログイン後にIFTTTを承認する。

スクリーンショット 2012 09 12 20 56 57

 

アクティベートが終了したら、次のステップへ進む。

スクリーンショット 2012 09 12 20 59 50

次はTriggerの設定。Twitterの場合、自分のツイート、ハッシュタグ、リンク、メンション等がTriggerとして指定できる。

スクリーンショット 2012 09 12 20 59 59

 

次は、「that」の部分、Actionを指定する。

 

スクリーンショット 2012 09 12 21 00 36

こちらも表示されるアクションから選択する。

スクリーンショット 2012 09 12 21 00 52

 

「Post a tweet」を選択した場合には、ポストする内容を設定し、「Create Action」をクリックして作成する。

スクリーンショット 2012 09 12 21 01 14

 

Actionを作成したら、「Create Recipe」をクリックしてRecipeを作成し、アクティブにする。

スクリーンショット 2012 09 12 21 31 36

Recipeが作成されると、以下の画面が表示され完了。パーソナルRecipeは15分ごとにチェックされる。

スクリーンショット 2012 09 12 21 32 12

@apptoiでメンションされた場合にツイートするというIFTTTを作成したところ、場合によっては執拗にツイートが繰り返されてしまうことが本日発覚。「さっxx」さんしつこくしてすみません。

スクリーンショット 2012 09 12 20 04 36

ほかにもたくさんのChannelがあるのでいろいろなRecipeを作成して日常を便利にすることができそうだ。

[wp_ad_camp_2]


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>