Yahoo!オークション公式アプリケーション『ヤフオク』、既に利用されている方も多いかと思いますが、私も最近よく利用しているので、まだ利用していない方の為にご紹介したいと思います。

大きな特長としては
①アプリから出品すれば通常の10.50円が無料
②プレミアム会員登録をしていないくても5,000円以上の商品に入札が可能。
まずは落札から。
カテゴリから検索は非常に見易くなっています。
 
この検索は、パソコンの場合と同じ要領です。
商品のトップ写真とタイトル、値段などが表示されるので探し物を見つけ易くなってます。
 
もちろん、カテゴリからだけではなく、フリーワード検索もできます。
試しに欲しいカメラがあったので、検索して落札してみました。
 
環境にもよりますが、画像もサクサク表示されるのでイライラしませんでした。
 
商品の詳細も写真と合わせ、すべて見ることができます。
 
当然ですが、入札も可能。
 
この辺りの表示は通常版と同じです。
 
落札商品は『マイ・オークション』の『落札分』からチェックすることができます。
 
もちろん、『取引連絡』もアプリ内で処理することができます。
 
このように『落札』では通常版と変わらないサービスを受けることができます。
そして、私が主に使用しているのは『出品』です。
アプリ版の特長として、出品料10.50円が無料になる。ということを上手に利用しましょう。
ただ、いくら無料になるからといって、アプリからの“出品機能”はハッキリ言って最悪です。
《理由として》
・出品カテゴリの検索ができないこと。カテゴリから絞る方法しかありません。
パソコン版では、商品名を入れてカテゴリ検索をすることが可能です。これがカテゴリ決めで最も利用するのではないでしょうか。
・何より、テキストのタイプが面倒。
商品説明などをすべて入力していると、気が遠くなります。
間違いなく途中で投げ出すでしょう。
そこで、初めの出品はパソコンから行います。
10.50円は仕方ありません。入力が楽なことでそれ以上の価値があります。
アプリが力を発揮するのは、『落札者なし』で終わった時。
『再出品』の時に利用します。
マイオクの『出品終了分』から『落札者なし』をタップ。
再出品したい商品を選びます。
 
カテゴリを変えることも、販売形式を変えることもできます。
 
勿論、値段も変えることができ、時間は標準の5日間に設定されていますが、自分の好きな時間に設定することができます。
 
タップして選び変えるだけの簡単操作。
 
画像は、パソコン版と同じく“追加”は可能ですが、“削除”や“変更”をすることはできません。
『自動再出品』回数は『オプション設定』内にて可能です。
 
最後に『確認画面』をタップして、入力内容の確認へ進みます。
ご覧の様に、システム利用料は無料です。
 
これで再出品が完了です。
このように再出品で利用すると、初めの利用料以外はアプリの無料特典が“続く限り”、無料で再出品することが可能です。
そして、この方法は本当に役立つのは・・・タイプミス、数字の間違いを見つけた時です。
変更することも勿論、無料です。
出品してから、「あ〜!!間違ってる!」や「やっぱりもう少し高い値段設定から始めよう。」と気が変わったことってありませんか?
そんな時はオークションを取り消して、アプリ『ヤフオク』で修正して再出品すると、無駄な出費がなくて修正することができます。
たかが10.50円・・・されど10.50円。
レビューに、「アプリがすぐに落ちる!」と書いている方が多くいますが、私はかなり頻繁に利用していますが、落ちたことは1度くらいしかありません。
個人的には、快適に動作しくているアプリなので、非常に重宝しています。
まだ使ったことがない方は是非!
  • 無料
  • カテゴリ: ライフスタイル
  • リリース: 2011/08/11
  • バージョン: 4.2.3
  • 4.2.3
  • サイズ : 2.0 MB
  • 言語: 日本語
  • 販売業者 : Yahoo Japan
  • 条件:iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要

ヤフオク - Yahoo Japan Corp.


 

One Response to Yahoo!オークションアプリ『ヤフオク』を使っています。

  1. セイコぴー より:

    自動再出発をしても出品手数料は無料ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>