*「嘘じゃん」というコメントをいただきましたが、どうやら、現在、この機能がiOS上では利用できなくなっているようです。「購入済みアイテムの非表示と表示」については以下のサポートページに記載がありますので、そちらをご参照ください。

http://support.apple.com/kb/HT4919?viewlocale=ja_JP

App Storeの「購入済み」」リストには、これまでに購入した全てのアプリのリストが表示される。パソコン上のiTunesで購入して、まだiPhoneやiPadにダウンロードしていないものをダウンロードしたり、iPhoneで購入したものをiPadやパソコン上にダウンロードしたりするには便利な機能なのだが、読み終えてしまったブックアプリや不要になったアプリ、または、何らかの事情で表示したくないアプリが表示されてしまうのはありがたくない。

そこで、「購入済み」リストからアプリを消去する方法をご紹介。iPhoneおよびiPad、パソコンのiTunes上での指定が可能。

[wp_ad_camp_3]

iPhoneで「App Store」アプリを起動して、「アップデート」画面から「購入済み」をタップすると購入済みの全てのアプリが表示される。

リストから消去したいアプリのリストをスワイプすると「非表示にする」というボタンが表示される。表示に若干時間がかかる場合があるので要注意。

非表示にしたアプリは「アカウント情報」のページから再表示することができる。

「おすすめ」画面の最下端のApple IDをタップして、「アカウントを表示」を選択する。

アカウントのパスワードの入力後に、「アカウント」ページが表示される。

「非表示の購入済みアイテム」メニューをタップすると非表示のアプリリストが表示される。「表示する」をタップすると「購入済み」リスト上にアプリが再表示される。

iPad上でも同じ操作で非表示、再表示が可能。

パソコン上のiTunesでは、iTunesストアの右上の「購入済み」メニューをクリックすると、購入済みアプリの一覧が表示される。

画面上のアプリをクリックすると、アプリアイコンの左上に「x」が表示されるので、この「x」をクリックするとアプリを非表示にすることができる。

アカウント画面には、「非表示の購入済みアイテムを見る」というメニューが表示される。

「非表示の購入済みアイテム」画面に表示されているアプリの「表示する」ボタンをタップすると、アプリが再表示される。

表示/非表示の設定は、全てのデバイスで共有される。例えば、iPhoneで非表示にしたアプリはiPadおよびパソコンのiTunes上でも非表示になる。

(via iClarified)


 

10 Responses to App Storeで購入済みのアプリを「購入済み」リストから消去する方法

  1. アキッペ より:

    それきかないんですけどどうすればいいですか?

  2. 匿名 より:

    スワイプしてもでてきません

  3. 匿名 より:

    スワイプしてもなにもでてきません

  4. 匿名 より:

    iPad2でやって見ましたが、画面上のアプリをクリックしても、アプリアイコンの左上に「x」が表示されません。

  5. 匿名 より:

    嘘ジャン♪

  6. 匿名 より:

    非表示にしても、薄くなるだけだけど??

  7. とくめ より:

    非表示にしてもiPhoneにはしっかり購入履歴残ってますね。

  8. 匿名 より:

    は?できんけど。おい

  9. 匿名 より:

    iOS7からはこの方法できないらしい

とくめ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>