iPhoneカメラで撮影した名刺のイメージやメール等の署名情報をスキャンして連絡先に登録してくれるアプリ。スキャンしたデータは個々の項目を確認、補正して、連絡先にエクスポートする。日本語、英語、中国語、韓国語の名刺に対応。縦書き名刺も認識できる。マルチスキャンモードやイメージのみの取り込みにも対応。名刺のイメージを保存するカードホルダー機能も提供されている。

*撮影の精度上、iPhone 3Gの場合はマクロレンズが必要。

起動画面には、名刺の読み込み元を選択する「Photos」、「Signature」、「Card Holder」、「Camera」ボタンと「設定」、「ヘルプ」メニューが表示される。

「Camera」をタップすると撮影画面が表示される。画面上に表示される顔アイコンに名刺の向きを合わせるたら、右のカメラアイコンをタップして写真を撮影する。カメラアイコンの上の手ブレボタンをタップすると手ブレ防止モードになり、iPhoneの揺れが止まるとシャッターが起動する。左上のアイコンはシャッターのオン/オフボタン。右上のボタンはマルチ/シングルモードの切り替えで、マルチモードでは連続でイメージを読み込むことができる。

撮影されたイメージは画面上に表示される。画面下の「日本語」ボタンをタップすると言語を英語に変更することもできる。イメージの向きが正しくない場合は、「90°」ボタンをタップして正しい向きになるまでイメージを回転させる。右上の「認識」ボタンをタップするとスキャンが開始される。

文字の認識は、日本語以外に英語、中国語、韓国語に対応している。

スキャンの結果は連絡先アプリの編集画面と同様のフォーマットで出力される。修正が必要な項目は「>」をタップして編集する。名前にはふりがなが自動入力される。

画面左上の「閲覧」をタップするとスキャンした名刺イメージが再表示される。画面上に表示されるボックスで領域を指定して再読み込みすることができる。イメージも拡大可能。「認識」ボタンをタップすると読込する場所のメニューが表示されるので、メニューをタップして再読み込みする。

画面右上の「エクスポート」をタップすると表示されている内容が連絡先に入力される。「既存の連絡先を結合」をタップすると、連絡先リストが表示される。結合した連絡先を選択すると、情報が画面上にインポートされるので、不要な情報を削除するなりして編集する。画面下の「取り消す」ボタンをタップすると内容がクリアされる。

ホーム画面の「Card Holder」ボタンをタップするとスキャンした名刺の一覧があいうえお順に表示される。リストをタップすると認識された情報が表示される。標準の連絡先アプリと同様に情報をタップすれば、電話発信、メール作成、地図の表示等ができる。

画面下左のボタンをタップすると画面下にコンタクトの操作用サブメニューが表示される。操作したいコンタクトを選択して、Dropboxへのデータアップロード、フォルダーの移動、他のアプリ(WorldCard Contacts, Evernote, Dropbox)で開く、メールで送信、iTunesファイル共有、CSVへのエクスポート処理をすることができる。

中央のボタンをタップすると、Dropbox上のファイルをインポートすることができる。右端のカメラボタンをタップすると、名刺イメージを撮影またはアルバムから選択して「カードホルダー」上に保存できる。

保存したイメージは後で「認識」処理をしてデータを取り込むことができる。

「カードホルダー」画面の右上の「グループ」ボタンをタップすると「カードホルダーグループ」画面が表示される。左上の「編集」ボタンをタップするとグループの編集や新規作成ができる。

カードホルダーから「認識」または「編集」をすると、「名刺の裏面を追加する」ボタンが表示される。このボタンをタップして名刺の裏面のイメージを追加することができる。

名刺の裏に地図やその他の情報がある場合はそれらも追加しておきたい。カメラで撮影できるイメージであれば何でもいいので、顔写真を追加するというのもいいかもしれない。

「カードホルダー」の情報画面の右上にある「イメージ」ボタンをタップすると撮影した名刺のイメージが表示される。右上のボタンでイメージの表裏を切り替えることができる。

メール等の署名情報を取り込みたい場合は、テキスト情報をコピーしてから、アプリを起動し、ホーム画面の「Signature」ボタンをタップする。

画面上にコピーした情報が表示されるので、右上の「認識」をタップすれば、名刺と同様に情報をエクスポートできる。

設定画面では、姓名の順序、ソート、言語等の設定ができる。

連絡先情報のカードホルダーやiPhoneの連絡先への保存もオン/オフ指定できる。また、保存する場合のデフォルトのグループの指定も可能。

認識度はかなり高く、名刺交換をした瞬間に連絡先登録ができてしまうぐらい手軽に利用できる。

    • ¥1,300
    • カテゴリ: ビジネス
    • 更新: 2012/02/27
    • バージョン: 4.0.0
    • サイズ : 21.4 MB
    • 言語: 日本語, 英語
    • 販売元: Penpower Inc.

WorldCard Mobile - 名刺認識管理 - Penpower Technology Ltd.


 

4 Responses to WorldCard Mobile (名刺認識管理) – 日本語名刺スキャナー

  1. kuroobisan より:

    日本語対応とはこれは凄いですね?!
    DocscannerとEvernoteの連携で名刺管理していますが、もう少しだけでも安ければ買いたいですね。
    良い情報をありがとうございます。

  2. TOSHI より:

    kuroobisanさん、コメントありがとうございます。
    最初のバージョンは日本語対応していなかったのですが、新バージョンで対応されました。ちょっと価格は高いですが、日本語対応のなかなか精度も高いです。

  3. Penpower より:

    WorldCard Mobile Lite-名刺認識管理Lite版
    WorldCard MobileはiPhone 3GS内蔵カメラで、名刺を画像として読み取り、名前、社名、部署名、職名、住所、電話番号、メールアドレスなどを認識、テキストに変更し、データベースの項目ごとに自動で振り分けます。

    無料ダウンロードリンクは下記です。
    http://itunes.apple.com/app/id369323525?mt=8

    Lite版を初回ご使用の際、連絡先3件をiPhoneアドレス帳に登録することが可能です。翌週以降、毎週連絡先1件のみiPhone連絡帳に登録することが可能になります。
    Lite版で気に入っていただければどうぞ正式版をご購入ください。

  4. N.Yoshinaga より:

    Penpower社 ご担当殿
    貴社の WorldCard Mobile Lite ダウンロード
    使用いたしました 名刺文言認識の率の高さに驚愕しております。
    当方ビジネスアプリケーションを製作販売する会社に
    勤務しておりまして技術顧問を行っております。
    貴社の名刺文言認識アプリケーションを弊社アプリに関し
    弊社アプリケーションと連携できないかにつきビジネスとして
    コンタクトいたしたく考えています。
    あいにく当方日本語のみしか使えませんのでここに
    書き込ませていただきました。
    メールにて直接コンタクトさせていただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>