「Type2Phone」は、MacのキーボードからiPhone、iPadに直接文字入力できるMacアプリ。Mac上の「Type2Phone」に入力フィールドにタイプした文字はiPhoneやiPadのアプリ上に表示される。
自宅やオフィス等、Macが使える環境では、メールやドキュメント等の文章作成は、Mac上のアプリケーションを利用してMacのキーボードから文字入力を行うというのが常套手段だが、iPhoneやiPadでしか利用できないアプリや、iPhoneに送信されたメッセージへの返信等はデバイス上でキー入力をすることになる。大きなキーボードを横目で見ながらiPhone上の小さなキーボードをタイプするのも虚しい話だが、「Type2Phone」は同じキーボードを使って、iPhoneにもiPadにも文字入力ができる。

アプリをMac上にダウンロードして起動すると以下のようなウィンドウが表示される。

「Click here to connect」をクリックすると「Connect to New Device」というメニューが表示される。

「Connect to New Device」をクリックすると、ダイアログボックス上に「 iOSデバイス上の設定>一般>BluetoothでMacに接続してください」というメッセージが表示される。

iPhone上で設定>一般>Bluetoothを開くと、Macのキーボードがデバイス一覧に表示される。

一覧からMacのキーボードを選択すると登録用のPINコードが表示される。

 Mac上にも同じPICコードが表示されるので、2つのコードが一致していれば、iPhone上で「登録」をタップ、Mac上で「はい」をクリックする。

接続が完了すると、Type2Phone上のステータスが「Connected」に変わり、接続されたデバイス名が表示される。

接続後、Type2Phone上には入力した文字がそのまま表示される。

デバイス上では、利用中のアプリ上にMacのType2Phoneで入力した文字が表示される。接続前に日本語モードが選択されていれば、日本語入力となり、Mac上の矢印キーで候補を選択することもできる。

Mac上で入力したキーはそのままType2Phone上に表示され、コントロールキーはデバイス上で処理される。例えば、「削除」はType2Phone上で「X」と表示されるがデバイス上では文字が削除される。

右上のアメリカンフラグをクリックすると言語を変更することができるが、現時点では、デバイス上の入力モードを切り替えることはできないようだ。
*本件については、Command+Spaceでの入力切換え対応も含めて開発元に確認してみます。
[更新]開発元に確認したところ、Command+Spaceでの入力切換え対応はバージョン1.2で対応予定とのことです。

Type2Phone上の「Connect to New Device」をクリックすると同様の手順で他のデバイスを接続することができる。一度接続したデバイスはデバイスリストに表示され、ワンクリックで切り替えることができる。

Type2Phoneの「Preference」メニューをクリックすると接続済みのデバイスリストが表示される。接続に問題が発生した場合は、デバイスを選択して「Forget Selected Devices」をクリックして接続を解除して、再度接続設定をすることで回復できる。

自宅やオフィスでMacを使っているときでも、iPhoneやiPad上の常用アプリを利用することが多い。それらのアプリの文字入力をキーボードを切り替えずにできるのはとても便利だし、デバイス上でもキー入力時にアプリをフルスクリーンで利用できる。
また、Type2PhoneとMacはBluetooth接続なので、外出時にMac上からiPhone経由で長文メールを作成、送信できたりする。

  • ¥450
  • カテゴリ: ユーティリティ
  • 更新: 2011/11/18
  • バージョン: 1.1
  • サイズ : 0.3 MB
  • 言語: 英語
  • 販売業者 : Houdah Software s.a r.l.
  • 条件: Mac OS X 10.6.6以降

Type2Phone - Houdah Software


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>