Google Mapで交通状況が表示できるようになった。
ブラウザでGoolge Mapを開き、交通状況をオンにすると、現在の交通状況が色分けされて表示される。

iPhoneおよびiPadの「マップ」アプリ上でも「渋滞情報を表示」を選択すると、交通状況が表示される。

目的地までの経路上の渋滞情報が参照できると便利なのだが、残念ながら、「マップ」アプリ上では経路を表示すると渋滞情報が見えなくなってしまう。

 iPadの「マップ」アプリ上でも同様に「渋滞状況」をオンにすると交通状況が表示できる。

iPad上の「マップ」アプリでも同様に経路情報を表示すると交通状況が見えなくなってしまう。

Safari上でmaps.google.comを指定するとGoogleマップがブラウザ上に表示されるが、こちらは、パソコンと同様に渋滞状況が込み具合レベルで色分けされて表示される。

また、経路情報を表示しても渋滞状況が見えなくなってしまうこともない。

渋滞状況も含めて、マップはアプリよりもウェブが綺麗だが、通信状況によっては表示にかなり時間がかかる場合がある。
現在地機能をオンにしているユーザーの端末から匿名化されてGoogleに送られ、その位置情報と速度データを利用して交通状況が計算、表示されているとのこと。
(via  Google Japan Blog)


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>