カテゴリー : ミュージック
リリース : 2009/5/29、バージョン : 1.0、サイズ : 2.7MB
価格 : 0円 
言語 : 英語
条件 : iPhoneとiPod touchに対応。iPhone2.2.1アップデートが必要

テンポ、音程を変更して再生できるプレーヤー。
繰り返し再生や指定位置へのジャンプ、カウントインも可能。曲はパソコンからインポートできる。サポートされているファイルフォーマットは、wav、mapとm4a。無料版では保存できる曲は3曲までに限定されている。

起動画面の右上の”select”ボタンをタップして曲を選択する。サンプルが2曲デフォルトで提供されている。

ボタンで曲の再生、ポーズ、停止をする。中央の回転矢印で曲の途中をマークして、jumpボタンでマークした位置にジャンプすることができる。画面上のスライドバーで曲の再生位置、テンポを変更できる。Loopingをオンにすると曲が繰り返し再生される。Smoothingをオフにすると音の質を向上できる(かも知れない)。Count Inは再生開始時にカウントしてくれる。semitoneの+と-で音程を調整する。


画面右上の”import”ボタンをタップしてメディアファイルをパソコンからインポートする。


スイッチをオンにして、表示されたURLをブラウザで指定するとインポート用のページが表示される。”Choose File”をクリックしてファイルを選択したら、”Submit”でインポートする。


ファイルフォーマットは、wmvとmp3、m4aがサポートされている。サポートされているフォーマットであれば音楽でなくても良い。英語のポッドキャストをゆっくり再生して理解を深めるとか、英語のスピーチの練習をするなんていうことにも利用できる。iTunesでダウンロードしたポッドキャストをmp3フォーマットに変換してインポートしてみた。


無料版では3曲までしか保存できないので、サンプルを消去してさらに2曲を追加。これらをマスターするには十分時間がかかりそうだから、3曲あれば十分。


サンプルビデオ:

3曲以上インポートができて、さらに機能が追加された有料版(1,200円)はこちら

関連アプリ
音楽プレーヤー

ブログランキング応援よろしくお願いします!!
人気ブログランキングへ


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>