「Reflection」は、iPhone、iPadの画面をMacにAirPlayで表示してくれるMac用のアプリケーション。iPhone、iPad上の操作がそのままMac上で再現できる。スライドショーやビデオの再生も可能。


reflectionapp.com上の「Try Reflection」をクリックすると、トライアルバージョンがダウンロードできる。

ダウンロードしたトライアルバージョンを起動すると、以下のような画面が表示される。

画面下の「Try Reflection」をクリックすると「トライアルモードです。Reflection は10分後に自動的に終了します」というメッセージが表示される。「OK」をクリックするとアプリケーションがスタートするが、画面上には何も表示されない。

iPhoneの画面を表示するには、iPhoneのタスクバーの左端にあるAirPlayボタンをタップしてAirPlay画面を表示し、iMacのミラーリングを「オン」にする。

iPhoneの画面上にはミラーリングを示す青いバーが表示される。

Mac上にはiPhoneで表示されている画面が表示され、iPhone上での操作がそのまま画面にも反映される。

Reflectionの「Reference」をクリックすると表示サイズやiPhone上の表示名、フルスクリーンモード等の設定ができる。

写真も表示可能。

iPadでも利用可能。写真や、

YouTubeビデオも再生された。

iPad上でカメラを起動するとiPadのカメラが捉えたイメージがMac上に表示された。

10分が経過すると以下のようなメッセージが表示され、アプリは終了してしまう。

トライアルが終了したらライセンスを購入しないと使えない。ライセンスは、1ライセンスで14.99ドル、5ライセンスで39.99ドル。
支払いはPayPalのみに対応。ライセンスを購入するとPayPalのメールアドレスにコードが送信される。コードを以下の画面にコピーして「Register」をクリックすると利用可能になる。

アプリのデモには便利なアプリケーションだ。
*私のiPhone 4ではAirPlay開始後、数秒後にAirPlayがオフになってしまう現象が発生している。私のiPhoneの問題なのかアプリケーションの問題かわからないが、現在、サポートに問い合わせ中。
[更新] 開発元に問題を伝えたところ、早速、問題に対応した新バージョン(1.01)をリリースしてくれたのですが、私のiPhoneではまだ同じ問題が確認されています。また、Macがクラッシュするという問題も発生しています。再度、開発元に問い合わせ中です。


 

One Response to Reflection – iPhone、iPadの画面をMacにAirPlayで表示

  1. 匿名 より:

    下記のairplayが数十秒で自動オフになるという問題ですが、私も同じ問題で困ってます。
    iphone4sを使っているのですが解決策がわかりません。お手数ですが、解決されましたらコメントにてご教授してくださると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>