theAppleBlogでパソコンとiPhone間でデータをやり取りする便利な方法を発見。
(タイトルだけ読んで「あー、なるほど」と思われた方、その通りです。)

Air SharingFilesZumo Drive等、iPhoneとパソコン間でデータをやりとりするアプリは既にたくさん存在している。また、MomoEvernoteを使えば、テキストのやりとりもできるが、ここでご紹介するのは、Gmailのドラフト機能をクリップボードのように使う方法。

パソコンからiPhoneにデータを送るには、パソコン上でGmailを開き、メールを作成し、iPhoneに送りたいデータ(テキスト、リンク、添付ファイル等)を入力する。”Save Now”ボタンをタップして保存する。


iPhoneでメールアプリを起動し、上でメールを作成したアカウントのドラフトフォルダーを開くと上記の内容が保存されている。


iPhoneからパソコンへ送る場合は、メールを作成して、「キャンセル」 >「保存する」で同期される。

その他、iPhoneを使うために便利な情報はこちらをご参照ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>