Snapにはいろいろな意味があるが、今日ご紹介するのは、辞書ではなかなか見つからない感情表現のSnap。

Urban Dictionaryによると、
A word used to express a feeling of excitement generated during an unexpected or impressive event. The meaning of the word depends on its context and can range from disappointment to extreme satisfaction.

1. “Oh, snap the hoods on fire”
2. “Check out the jelly shake’n on her as she drops it to the floor…snap!”
3. “I was like ‘snap’ when I saw them rolling this waY”

期待していなかったことが起きたときにその興奮を伝えるために使われる単語。意味は状況に依存し、失望から大満足まで幅広く使われる。
発音は’a'に大きくアクセントを置いて、すねーっぷ。アクセントの強さは感情の大きさにあわせて調節する。

英語を母国語としない私とかがこれを使うと、緊張した場面が和んだりする。

使い方は、例えば、こんな感じ。


 

2 Responses to 今日の英語 – snap

  1. sei より:

    今日の英語シリーズ定期巡回してます。そうなんですよね、プレゼンとか技術的な解説はわりとすんなり理解できても途中にチラリとはさまれる単語がさっぱりです。
    実例画像は”That’s~she said”とかもすごく参考になります。”スネアーップ”

  2. TOSHI より:

    seiさん、コメントありがとうございます。
    慣用表現がわからないと理解に苦しみますよね。私も日々、勉強です。
    辞書ではなかなかわからないような表現をご紹介したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>