iPhoneまたはiPod touchが接続しているネットワークに関する情報を参照できるツール。
ネットワークに接続されているコンピューターやルーターのIPアドレス、Macアドレス、ベンダー情報等を見ることができる。また、Bonjourネットワークの接続されているハードウェア、ソフトウェアも検地することができる。Ping送信、ポートスキャン機能も備えている。無線LANの環境で、離れた場所にあるデバイスのネットワーク設定とかをするときに、ポータブルなネットワーク参照ツールはとても便利。

起動画面には、ツールのメニューが表示される。

・Scan network : iPhone/iPod touchが接続されているネットワークをスキャンして接続されているデバイスの情報を表示する。
・Ping : ローカルネットワークおよび外部のインターネットへPingを送信する。
・Bonjour Browser : Bonjourネットワークに接続されているデバイスの情報を表示する。
・ Portscan :
・ Wake on Lan :
・Device Info : iPhone/iPod touchの情報を表示する。
・Setting : ネットワークのスキャン対象にiPhone/iPod touchを含めるかどうかを指定する。

ネットワークのオーバービューには接続されているデバイスとIPアドレスが表示される。最後のスキャン結果は自動的に保存され、次回の起動時には保存された情報が表示される。画面右下のアイコンをタップすると最新の状態に更新される。スキャンはローモードで行われるので、例えば、ステルスモードで起動されているMac等、見られたくないマシンも発見してしまう。画面右上の”…”ボタンをタップするとメニューが表示され、結果をメール送信、スキャン結果を保存、保存されたリストを開く、スキャン設定ができる。

各デバイスをタップするとそのデバイスの詳細情報が表示される。

例えばMacの場合にはサービスのリストが表示され、”Scan for open ports…”をタップすると、開いているポートのリストが表示される。

画面右上の”…”ボタンをタップするとメニューが表示され、HTTPまたはFTPでオープンすることができる。(マシン側がリクエストを受け付けられることが前提)

PingはIPネットワーク上のホストがアクセス可能かどうかを検出するツールで、IMCPのエコーリクエストを送信してエコーレスポンスを待つ。iNet Proアプリでは、IPが存在するかどうか、レスポンス時間、送信されたパケット数、ロストしたパケット数を提示する。送信画面ではIPアドレス、pingの数または繰り返し(STOPボタンをタップするまでPingを継続)、タイムアウト時間を設定しPingを送信する。

Ping送信画面の右上のブックマークボタンをタップするとFavorites画面が表示される。Favouritesにはローカルのルーター以外にAppleとGoogleがデフォルトで登録されている。右上の”Edit”ボタンをタップして編集、追加ができる。ブックマークされたホストをタップするとPingがスタートする。

画面右下のメガフォーンアイコンをタップするとローカルネットワークに対してブロードキャストPingが送信される。

Bonjour Browserからは、Bonjourに登録されているデバイスが表示される。デバイスをタップすると詳細情報が表示される。

Portscanではターゲットホストのオープンされているポートをスキャンすることができる。Wake on LanではLAN上のマシンの起動や終了ができる。ただし、マシンはイーサーネットケーブルで同じサブネット上に接続されていないといけない。また、詳細な設定も必要。設定情報はこちら

Device InfoではiPhone/iPod touchの情報が表示される。External IP addressおよびUDIDは右横のメールボタンをタップして直接メール送信することができる。

設定画面では起動時の表示、スキャンレンジ、自分(iPhone) を対象にするかどうか、隠されたデバイスの表示、Appleのモデルアイコンの表示、iPhone/iPod touchをスキャンするか、HTMLのメールスキャンの設定ができる。

iNet


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>