Kaufman BrosのShaw Wu氏は、「iPhone OS 4.0が、サードパーティのアプリケーションが同時にバックグラウンドで稼働可能なフルマルチタスクを環境を提供する」という情報を入手したと伝えている。また、同氏は、モバイル公告APIおよびゲーム用のプラットフォームも提供されるとコメントしている。
(via AppleInsider)

iPhone OSのマルチタスキングについてでご紹介したように、iPhone OS自身はマルチタスク環境が実現されており、現状でも、純正アプリのいくつかは同時に稼働することができる。問題は、サードパーティのアプリの同時稼働、バックグラウンド稼働をいかに許容するかということだが、明日の発表では少なくともなんらかの更新が期待できそうだ。Appleがここまで時間をかけたのだから、ユーザーが管理しやすく、しかも、セキュリティ上も安全な環境が提供されることに違いない。

やはり、Desktopアプリが削除されたのは、OSでマルチタスクが実現されるとアプリ内でのマルチタスクがユーザーに混乱をもたらすという理由からだろうか。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>