今日は自宅が停電になってしまって、ネットワークが使えなくなった。仕方がないので、iPadを抱えてApple Storeのある近くのショッピングモールへ移動。Apple Storeの横のソファーに座って、Apple Storeのネットワークを拜借して、iPadで作業を開始。もちろん、足は土足のままテーブルへ投げ出してみた。

自宅の5GBのインターネット接続に比べて、10GB以上のApple Storeのネットワークでのウェブブラジングは快適だ。ただ、残念ながら、モバイルSafari上ではBloggerのテキスト編集ができないためブログの更新はあきらめ。(全てHTMLで記述して、マニュアルでイメージをアップロードすれば可能だが効率的とはいえないのでやめ)
ブログ更新用のiPadアプリがあると世界が変わりそうだ。今度、探してみよう。

まずは、Safari上でGoogle Readerページにアクセスしてニュースをチェック。右の記事領域は二本指でスクロールできるのだが、反応があまりよくない。また、時々スクロールができなくなったりする。

使いやすいRSSリーダーアプリが必要だ。いくつか試してみよう。

しばらく、ウェブでニュースをチェックした後、Keynoteでプレゼン資料を作ってみた。

タッチの感覚になれるのにちょっと時間がかかったが、慣れてくると快適にプレゼン資料が作成できる。マルチウィンドウではないので、資料を閲覧したり、ウェブからイメージをダウンロードしたりするために、アプリ間を行ったり来たりしなければならないが、それもある程度手順が確立してくるとそれほど苦にならない。OS 4.0でマルチタスクが実現したらさらに楽になりそうで楽しみだ。

作業を始めた時には既に50%未満のバッテリー残だったので、2時間ぐらいすると20%残のワーニングが表示されるようになった。そこで、試しにiPhone用のバッテリーチャージャーを接続してみたところ、「充電状態ではありません」というメッセージが表示された。iPadを充電するにはそれなりに強力な電源供給が必要だ。(下のイメージは充電が完了してから作成したものなのでバッテリーは100%になっていますが、メッセージをご紹介するために入れてみました)

車に戻ってiPhone用のカーチャージャーにつないでみると充電が開始された。これはいいニュースだ。帰宅してみると停電が終わっていたので、iPadのフル充電を開始することにした。開始時刻は1時24分。

20%から49%充電まで、約2時間。

充電中はiPadはしていない状態で、5時間強で20%から100%までの充電が完了した。

表示の美しさ、インタフェースの機能性、スピード等、iPadはすばらしいデバイスだと思うが、まだ十分に使いこなせていないために、まだ生活に溶け込んでいないという状態。
今日、半日ほどiPadのみで作業をしてみて、大分感覚がつかめたような気がする。いいアプリをつかいこなせれば、作業空間が広がるような気がしてきた。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>