デバイスのメモリー、ディスク、CPU、Wi-Fiの使用状況を表示するアプリ。また、アプリの起動時に自動でメモリの開放をしてくれる。

Memoryタブ上には、メモリの使用状況、バッテリーステータス、ディスクの使用状況が表示される。

Processタブには稼働中のプロセスの一覧が表示される。Networkタブには、IPアドレス、デバイス情報が表示される。

設定画面では、起動時に表示する画面の設定ができる。

メモリーの開放はアプリの起動時に自動的に行われる。以下の例では、約70MBが開放されている。

System

ちなみに、このアプリ開発元のRecession Appsは、同様のメモリー開放アプリをいくつかリリースしているが、どのアプリもメモリー開放機能はほぼ同様。以下のアプリのLiteバージョンとオリジナルバージョンは機能も価格も同じ。一時、App Storeがメモリー開放機能を利用付加にしたことがあるのだが、その時にLiteバージョンがリリースされている。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>