ちょっとおしゃれでシンプルなインタフェース上で、収支管理ができるアプリ。画面に加えて効果音も楽しい。
金額を入力、収支の指定、項目の選択、写真やメモの追加という流れで収支を記録できる。入力した金額は収支合計に反映され、現在の残高がメイン画面に反映される。給与収入や家賃等、定期的に発生する項目は繰り返し項目として設定することもできる。
基本通貨および個々の項目の通貨は世界各国の通貨から選択して指定することができる。基本通貨以外の通貨を指定した場合は直近の為替レートで基本通貨に換算される。

アプリの基本画面の上部には現在の残高が表示される。

左下のギアアイコンをタップすると設定画面が表示される。「Currenncy」をタップして基本通貨を指定。「Refresh currency」をタップすれば最新の為替レートが反映される。

「Manage Categories」を選択するとカテゴリーの編集ができる。「Edit」で既存のカテゴリーを削除、「Add Category」で新しいカテゴリーを追加する。

メイン画面の「New transaction」をタップするとキーボードが表示される。「Income」、「Expense」で収支を指定して、金額を入力する。

金額表示エリアの右上の矢印をタップすると通貨の選択画面が表示される。基本通貨が日本円でUSドルを指定すると、入力したドルの値が設定されている為替レートで換算されて表示される。収支の合計には換算された値が使用される。

金額を指定して「OK」をタップすると細目の指定画面が表示される。カテゴリー、日付、繰り返し、写真、ノートの編集ができる。写真はその場で撮影またはアルバムから選択可能。

入力された内容は残高とカテゴリー別合計の欄に表示される。画面下中央のアイコンをタップすると履歴一覧が表示される。

一覧の項目をタップすると詳細が表示され、「Edit」をタップして編集ができる。

金額の編集は入力通貨ではなく、換算された後の通貨で表示されるのでちょっとややこしい。例えば、12ドルで入力した金額は1,062円に換算されており、金額の変更は1,062円を変更することになる。ちなみに、小数点以下の値の表示がおかしいのはバグだと思われる。ドル額で変更したい場合は右上の矢印をタップして通貨を指定する。また、その場合、現在表示されている値がそのまま別通貨の金額になってしまうので、再度入力をしなおす必要がある。

詳細画面をフリックするとノートと写真が表示される。

繰り返しの指定は、毎日、毎週、毎月、毎年、2週間ごと、2ヶ月ごと、3ヶ月ごと、半年ごとから選択できる。メイン画面右下のアイコンをタップすると設定されている繰り返しの一覧が表示される。

収入の入力時には「Income」を指定すると、入力金額が残高に加えられる。

画面中央の項目リストには個々のアイテムが表示される。リストをスワイプするとアイテムを削除できる。「Recent transactions」の部分をタップするとカテゴリー別、月別でソートされた金額を表示できる。

  • ¥250
  • カテゴリ: ファイナンス
  • リリース: 2010/07/03
  • バージョン: 1.0
  • 1.0(iOS 4.0 テスト済み)
  • 3.7 MB
  • 言語: 英語, ドイツ語, ロシア語
  • 販売業者 : Shape Aps  Expenditure のサポート
  • 条件: iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要

Expenditure


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>