ニューヨークのセントラルパークにあるレストラン、South Gateでは、ワインリストをiPadで提供している。各テーブルに1台、ワイアレスiPadが渡され、ワインリストアプリでワインの詳細な情報を見ながらワインを選ぶことができる。

iPad用ワインリストアプリを提供しているのは、Incdentientという会社。

アプリ上では、ワインのタイプ別に各ワインの詳細な情報を参照できる。
まるで辞書のようなワインリストのページをめくりながらワインを選択するのはなかなか大変。ついつい、知っているワインを選択してしまう。これがあれば、新しいワインにもチャレンジできそうだ。

(via AppAdvice)


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>