テルアビブのスタートアップ企業、StoreDot社は30秒でスマートフォンをフル充電できるバッテリーチャージャーのデモを公開している。


TIMEによると、nanodotsというバイオ技術を応用したバッテリーがこの高速充電を実現しているとのこと。nanodotsは両方の電極に使用されていて、チャージャーとバッテリー間のエネルギー移動を司っており、高速充電でもリチウム電池と同様の許容量を実現できるという。また、材料は天然の化合物であるため安価に生産が可能。

デモで使用されているGalaxy S4のバッテリーは実際のものよりも大きく、許容量は小さいとのこと。また、チャージャーもかなり大きく、価格は通常のチャージャーの2倍となってしまう。StoreDot社は、チャージャーの小型化と低価格化に取り組んでいる。次の問題は専用バッテリーが必要となるところだが、「将来的にはユーザーが自由にバッテリーを入れ替えられるようになるだろう」とStoreDot社は言う。

製品の大量生産は2016年末とのことだが、超高速充電も技術的には可能という時代がやってきた。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>