スマートフォンやタブレットが普及し、ネットワークのスピードが格段に向上し、携帯デバイス上でビデオを見る人が増えています。Ciscoの調査によると、2015年までにインターネットのビデオトラフィックは57%になるそうです。また、1分間のビデオは180万語の情報に値する(Forester Research)、脳に伝わる情報の90%はビジュアルであり、ビジュアルはテキストよりも6万倍早く処理されるという調査情報もあります。

オンラインにはYouTubeを始め、膨大な数のビデオが存在しています。YouTubeには毎分、100時間分のビデオがアップロードされるそうです。つまりYouTubeのビデオを全て見るためには6000台のモニター上に同時再生されるビデオを見続けないといけないということです。それはおそらく不可能です。ラッキーなことに、オンライン上のビデオ全てが価値があるわけではなく、個人の興味によってその価値も様々です。そんなわけで、最近、ビデオキュレーションサービスが賑わってきました。

前置きが長くなりましたが、僭越ながら、私が本業で運営するビデオキュレーションサービスのアプリをご紹介させていただきます。ShortFormはインターネット上のビデオをキュレーションするプラットフォームおよびサービスです。apptoiのトップのビデオプレーヤーや右横の「今日のビデオ」、「今日のニュース」はShortFormを利用して作成しています。

ShortFormアプリは、ShortFormサービスを使って作成したチャンネルを再生するアプリです。アプリを起動するとチャンネル一覧が表示されます。グレーのラインはカテゴリー名です。カテゴリー名の下には各チャンネル内の1番目のビデオのサムネイルとタイトルが表示されています。チャンネルサムネイルを横にスワイプするとカテゴリー内のチャンネルが出てきます。上下スワイプで他のカテゴリーが表示されます。

IMG 9002

チャンネルのサムネイルをタップするとチャンネルに移動し、チャンネル内のビデオが順番に連続再生されます。

IMG 9003

ビデオスクリーンをタップすると、再生・ポーズ、前後へのスキップ、前後のビデオへのスキップボタンが表示されます。

IMG 9004

ビデオの下に表示されている一覧リストをタップすれば選択したビデオの再生が始まります。左上の←をタップするとトップメニューに戻ります。

IMG 9007

デフォルトでは英語のshortform.tvサイトのチャンネルが表示されますが、デフォルト以外にもサイトが用意されています。トップメニューの右下のテレビアイコンをタップするとTVサイト指定用のダイアログボックスが表示されます。ここに「jp」と入力して「Save」をタップするとJPサイトへ移動します。

IMG 9008

JPサイトではカテゴリー、チャンネルタイトルは日本語になっており、ビデオも日本語のものが多く含まれています。

IMG 9009

利用方法は同様です。今日のニュースは日々更新されますので、その日の出来事を流し見したりできます。

IMG 9010

iPhoneを横にすると全画面でビデオが表示されます。

IMG 9011

アプリはiPadにも対応しています。

IMG 0429

iPadではより大きなスクリーンでビデオを楽しむことができます。

IMG 0431

JPサイト以外にも、お子さん用のビデオを集めた”kodomo”サイトや日本のアーティストの公式ビデオをあいうえお順に整理した”musicjp”サイト、企業に関わるビデオを集めた”スタートアップ”サイト等があります。

IMG 0432

YouTubeで検索するのが面倒だったり、何かをしながら流しておきたいとき、長時間ドライブや待ち時間にお子さんが飽きてしまったとき、いろいろな場面でご活用ください。

ビデオサイト、チャンネルは日々追加、更新されています。新しいサイト、チャンネルは随時ご案内します。

ShortFormアプリは発展段階です。より使いやすいインターフェースを始め、今後、いろいろな機能を追加していきたいと考えております。ぜひ、皆様の忌憚なきご意見を頂戴いたしたくよろしくお願いします!

また、コンテンツプロバイダさんと視聴者の皆様を結びつけることがShortFormプラットフォームの役割だと認識しております。面白いコンテンツをお持ちの方はぜひ、ご連絡ください。

ShortFormTV
カテゴリ: エンターテインメント
現在の価格: 無料

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>