iPhoneのフロントパネルはできればカバーしておきたいのだが、電話やアラーム、時刻の確認のためにいちいちカバーを開くも面倒くさい。というわけで、結局、カバー無しになってしまうのだが、このカバーなら使い続けることができるかも。

moshiの「SenseCover」は、カバーをした状態で時刻や電話の相手の表示を見ることができる。さらに、カバーの上から電話の応答やアラームの停止の際のスワイプもできてしまう。もちろん、カメラやボタンもアクセス可能。カバーがあれば、電話しているときに頬がタッチパネルに触れてしまって突然スピーカーから声が響くなんてこともなくなる。

Sensecover sb 3下部のマイクやスピーカー、イヤホン、コネクタ部分はオープンになっている。30ピンアダプタが利用できるのがありがたい。

 

 

Sensecover sb 7

カバーは薄いので折り返してもそれほど邪魔にはならなさそうだ。

Sensecover sb 6

カラーは2色。

Sensecover bt 1

 

価格は45ドル。残念ながら現時点ではアメリカとカナダのみ出荷。

来週、サンフランシスコから友人がやってくるのだが。。。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>