我が家の家族に大人気のアメリカのドラマ「Modern Family」の1シーン、プエルトリコに移住してサーフィンを始めると言う親友に対してJayがすかさず放った言葉が”Closed casket”。

いつものように、すっかりご無沙汰してしまった「今日の英語」ですが、今日は「closed casket」。

あまり使う機会は無いけれど、意味がわからないと自分だけ状況が理解できないということになりそうな言葉。casketは棺桶だから「closed casket」は「閉じた棺桶」ということなのだが、その意味は棺桶を閉じて葬式をするということ。棺桶を開けておくか閉じておくかは生前の本人の意図や主催者の判断で選択できるのだが、遺体が見るに耐えないないという場合に「closed casket」となることが多い。

Jayが放った”Closed casket”は、「その歳でサーフィンなんか初めたら見るに耐えない状態で死んじまうぞ」という意味。

誰かが亡くなって、「葬式はclosed casketらしい」と言われたら状況を汲み取らないといけない。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>