Appleは「ユーザーの気分に合わせて広告を提示するシステム」のパテントを申請した。

ユーザーのロケーションや時刻、行動状態、気分等の情報を基にして適切な広告を提示するというのがこのシステムだが、Appleはユーザーの気分および気分に関連したデータを活用したいとのこと。気分に関連したデータとしては、心拍数や血圧、アドレナリン、発汗、体温等が使われる。また、カメラを使って表情を認識して気分を判定するということも検討されている。(AppleInsider)

スクリーンショット 2014 01 23 22 49 51

個人的には、ユーザーの気分に合わせて音楽を再生してくれるミュージックプレーヤーというものを作って欲しいなと思う。それがはまったらたくさん買ってしまいそうだけど。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>