デジタル化といってもまだまだ世の中、紙が多い。iPhoneを買い換える度に増える契約書類、会議で配られる紙の資料、子供が学校から持ち帰る連絡用の資料、読み終わったけど後で参照したい本などが机の上に積み上がっている。財布もIDカードや会員証等で一杯一杯に膨らんでいる。

というわけで、デザインが一新された「Sanner Pro」を取り出して紙を整理することにした。

アプリを起動すると、「タップしてスキャン」という画面が表示される。カメラアイコンをタップすれば写真を撮影して、アルバムアイコンをタップすればアルバムから写真を選択してスキャンできる。

IMG 8053 2

カメラは撮影する領域を自動的に認識してくれる。

IMG 8054 22

Hartz #1クラブカードがスキャンできた。左上の「<」をタップすると名前を指定して保存できる。

IMG 8057

右下のボタンをタップするとメニューが表示され、印刷、Fax、パスワード追加、他のアプリで開く、アップロードができる。

IMG 8058

ID等にはパスワード設定がありがたい。

IMG 8060

スキャンを完了すると、トップスクリーンにイメージが表示される。

IMG 8061

左上のギアアイコンをタップすると設定画面が表示される。アップロード先の指定や、自動アップロード設定、iCloud、ページサイズ、境界線の同時検出、圧縮指定ができる。

IMG 8062

スキャンしたドキュメントをドラッグして重ね合わせるとフォルダーが作成される。

IMG 8064

同じ種類のドキュメントをフォルダーでまとめて管理できる。

IMG 8065

適当にスキャンを繰り返していたら、向きがばらばらになってしまっていたのだが、プレビュー画面の右上のボタンをタップすれば向きを変更することができる。

IMG 8070

やはりこのほうが見やすい。

IMG 8071

ドキュメントはDropbox、Evernote、Google Driveにアップロードできる。とりあえず、スキャンしておいて後でアップロードできるので、入り口として利用できそうだ。

IMG 8075

関連したページは1つのドキュメントに追加することができる。ドラッグ&ドロップでページの入れ替えもできる。

IMG 8076

細かい文字は拡大表示して読める。

IMG 8083

iCloudを有効にするとiPhoneとiPadでドキュメントの同期ができる。早速iPadでアプリを起動してみると「タップしてスキャン」画面が表示された。まずはスキャプしないと設定ボタンが表示されないようなので、適当なドキュメントをスキャンしてみる。

IMG 0352

スキャンを終えると左上のギアアイコンが表示されたので、iCloudを有効にする。もちろん、iPhone側も有効にしないといけない。しばらくすると、iPhoneでスキャンしたドキュメントが表示された。

IMG 0357

iPadの大きな画面であれば拡大しなくとも十分にドキュメントが閲覧できる。

IMG 0358

保存しておきたい紙のドキュメントはiPhoneでスキャンしてiPadでじっくり読むというパターンが定着しそうだ。少なくとも、机の上に積み重なった紙のドキュメントはかなり減って、ストレスも低下した。


Tagged with:
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>