iOS 7のApp Storeではアプリの更新が自動ダウンロードできるようになった。勝手にアップデートされては困るかなと思いつつも、App Storeアイコンに表示される数字が日々増えていくのを見てはストレスをためるという生活にそろそろうんざりしていたので、思いきって自動にしてみた。

写真 1

iOS 7対応アプリを頑張ってアップデートしたこともあり、久々に2桁の数字になっているアップデート数だが、それでもすべてをアップデートするには時間がかかる。

写真 2

自動アップデートは設定の「iTunes & App Store」で「自動ダウンロード」にある「アップデート」ボタンでオンにする。その下の「モバイルデータ通信」をオフにしておけば、モバイル接続時にアップデートされなくなる。つい先日、ソフトバンクから「もうすぐ7GB達成」というメッセージがきた私はもちろん「オフ」。

写真 3

自動アップデートされてもアプリの更新情報はアップデート一覧に残っているので、アップデート後でも更新内容を確認することができる。アプリを開くとこの情報は消えるのかなと期待してみたが、そうではなさそうだ。

写真 4

各アプリの最後の更新履歴がいつでも見られるというのも悪くはないかもしれない。

写真 5

App Storeアプリアイコンの数字のストレスから開放されこれで常に新しいアプリとともにスムーズな日々が過ごせると思ったのだが、iPhoneを母艦のMacに接続したらアップデートされたアプリのMacへの転送が始まった。

スクリーンショット 2013 09 23 20 32 19

何れにしても、App Storeアイコンはスッキリした。

IMG 8033


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>