NewImage

iPhoneやiPad、Macユーザーにはお馴染みのフォトストリームやwifi同期。 上手く動いてくれない時も多いですが、一度使い方を知ってしまうともう手放せない機能の一つでしょう。

しかし、AndroidデバイスやWindowsと一緒にiOSでバイスを使っている方はどうやっているのでしょうか?

USBや他社のクラウドサービスを使う手もありますが「AirLib」の開発者はこう思ったそうです。

「ブラウザでカメラロールにアクセス出来たら便利じゃね?」(実際にこう書いてあった)

とってもシンプルです。
しかし実際に使ってみると、その便利さに驚く事間違い無しでしょう!

まさに神アプリ!写真や音楽をデバイスを選ばず共有出来る!

IMG 5421

 

 

使い方は非常に簡単です。

IMG 5419

  • アップロード(PC側から)
  • アルバムへのアクセス(写真ライブラリ)
  • iPodへのアクセス

上の写真に表示されているどのデータを共有するかを設定し、表示されるURLへアクセス。認証キーを入力すれば完了。

これだけで、本当にiPhoneの中にある写真や音楽をブラウザで表示し、再生や閲覧、ダウンロードが可能になってしまいます。

では順番にご紹介。

アプリを起動させると直ぐに共有するデータの設定を求められます。
NewImage

アップロードはブラウザから新たに写真を追加した場合にデバイス側で受け入れるかどうかの設定です。
アルバムへのアクセスはフォトライブラリの共有設定です。アルバムを選択する事が可能です。
NewImage

NewImage

iPodへのアクセスはそのまま、ミュージックライブラリを共有するかの設定です。音楽は細かく設定出来ないようですね。

設定が済んだら画面右上の「完了ボタン」を押しましょう。すると、PC側のブラウザでアクセスする為のURLと認証キーが表示されます。
NewImage

こちらをPC側のブラウザに入力。
NewImage

あとはメニューからUploadやMusicなどを選択すれば、アプリ側で設定した通りに共有されます。

写真ライブラリ。
Album  AirLib

綺麗にタイル状に表示されています。

例えばiPhoneでアプリを使用した場合、iPadのブラウザでもURLと認証キーさえ入力すれば共有が可能となります。

こちらはiPadで写真を開いた状態。大変綺麗に表示されました。
IMG 0633

ミュージックもリストでスッキリ表示。
Music  AirLib 1

曲を選択して再生してみます。
NewImage

コントロールパネルのみの表示で少しさみしいですが、ちゃんと表示されています。凄い!

写真のダウンロードは、ブラウザの左下にあるSelect files and downloadをクリック。
NewImage

そのまま、ダウンロードしたい写真を選択しDownloadをクリックするとダウンロードが開始されます。(写真は複数枚選択が可能です)
NewImage

お使いのPCによって様々ですが、ぼくはPCのダウンロードフォルダにしっかり入っていました:-)
NewImage

アップロードする場合は、そのままブラウザに画像ファイルをドラッグ&ドロップします。
NewImage

アプリの設定で「アップロード」がオンになっている事を確認。
上手くいくとこの様にアップロードされた画像ファイルが入っている事が確認出来ます。
NewImage

 

 

設定から実際の利用まで、あまりにスムーズにいくので驚きました。

*但しWiFi環境でしか共有が出来ない事、アプリがバックグラウンドで動作中はブラウザからはアクセス出来ないようです。

今までのアプリは、よくても写真ライブラリにアプリ専用のアルバムを自動作成し同期を行う程度でしたが、そっくりそのまま共有されるアプリは初めてです。

また、ミュージックライブラリをこのような形で共有するアプリも珍しいかも。
SoundCloudなどはメンバー登録が必要ですし、基本的にはオリジナルのコンテンツしかアップロード出来ません。(但しSoundCloudは公開するのが目的ですが)

もちろんOSがiCloud(フォトストリーム)に対応していれば、あまり気にせずにデバイス間の同期を取る事は可能ですが、 デバイスの種類を選ばなくてもよいというのは画期的ですね。

特にiPhone、iPadしか持っていないユーザーの方は、PCや他のデバイスを購入した後に大変役に立ってくれそうです。

AirLib
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: ¥300

 

2 Responses to AirLib – 絶賛!ブラウザから直接iPhoneのカメラロールやiPodライブラリにアクセス出来るアプリ。閲覧、再生、ダウンロードもそのまま可能!

  1. g より:

    スポンサード記事ならそう書かないと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>