マルチトラックレーコディングのiOS的なアプローチ。

フェーダーがあって、何やらたくさんのツマミがあって、何をどうしたらいいか分からない。
というのが今までのマルチトラックレコーディングで、ビギナーが感じている第一印象です。それでも、マルチトラックのレコーディングを初めてみたいという方には、この「LoopyHD」がとてもオススメ。

一度使い方を覚えてしまえば、非常にシンプルな作りになっている事がお分かりいただけると思いますし、使いこなせば相当手の込んだ作品も作れるでしょう。

一見難しそうだが、即興での多重録音に向いているシンプルなUI。

IMG 5045

ドーナツ型の円が6つ並んでいます。これがトラックです。
マルチトラックと言うくらいですから、複数のトラックが用意されています。
IMG 5046

トラックは一本指タップで録音を開始出来ます。赤(オレンジ)色が「録音中」という意味です。
NewImage

もう一度タップすると録音が終了。トラックに音データがあるとブルーで示されます。例え無音のように思えても、一度録音すればブルーで示さ、録音済みという事が示されるというわけです。
NewImage

一度録音したトラックは多重録音が可能です。多重録音は二本指タップで行えます。
これは「上書き」ではなくあくまで「重ね録り」です。前回した録音した音の上から音を重ねながら録音していきます。
NewImage

この辺りは非常に直感的。一本指で初録、二本指タップで重ね撮りです。つまり一度録音したトラックは二本指タップをしない限りは、上から音を重ねて録音する事が出来ないという事です。

録音する際に小節数や拍数、テンポを決めたい場合は画面下のコントロールパネルから操作可能です。
NewImage

一番右端をタップする事によって切り替えます。
たとえば、トラックの小節数を決定する場合。この操作は非常に個性的なUIを採用しています。

パネルの左端にある数字が小節数です。
小節数は四則演算で行います。

表示されている「4」に対して「×(掛ける)」を実行すれば倍の8小節となります。逆に「÷(割る)」を実行すると半分の2小節になります。プラスやマイナスは1づつ増減します。
NewImage

NewImage

NewImage

録音したデータのあるトラックはタップしても停止出来ません。タップはミュート(消音)です。
トラックを停止する為には、コントロールパネルの再生/停止ボタンで制御します。
NewImage

トラックをクリアしたり再録音を行う場合は、サークルをくるっと擦ります。
NewImage

クリアを押せば全消去、再録音でもう一度録り直しです。

中央のドットを長押しする事によって、パンをふったりボリューム(トラック毎の)を調節したりすることが可能です。
NewImage

さらに右回りにスワイプする事によって、逆再生やディケイパラメータを弄る事も可能。
NewImage

またトラックを指でドラッグする事によって、隣のトラックに移動させたり、ミックスさせてしまう事も可能です。
NewImage

テンポや小節数を決め一発目を録音。そのまま重ね撮りを行ったり、トラックをミックスさせながら多重録音を楽しめるというわけです。

「iRig」が対応したいるそうですので、ライン入力での楽器の録音も可能です。

ここでとても分かりやすいデモムービーがありますのでご紹介。

かっこいい!ビートボックスとベースが凄い。

録ってはミックス、また次のトラックで録音、、、を繰り返していくわけです。
最初に書いた通り一見難しそうですが、即興での多重録音に向いているシンプルなUIであると思います。

 

オーディオコピーにも対応

とはいっても、ビデオで紹介した方のようにビートボックスやベースを歌いながら即興で遊ぶなんて事は難しい。

そんな時はオーディオコピーを使うのをオススメします。 たとえば2012年のベストアプリにも選ばれたFigure
IMG 5064

このアプリで簡単なベースラインを作り、そのままクリップボードに貼付けます。
IMG 5066

そうしたら、Loopyにもどり「インポート」を選択。
NewImage

LoopyHDのクリップボードに先程コピーしたデータがありますので張り付け。
NewImage

Figureで作ったトラックデータをそのまま使う事が出来ます。

デジタルなデータですので、テンポを変えたり逆再生する事も可能です。

Figure自体がマルチトラックのエディットアプリですので、あまり意味は無いかもしれませんが、同じノリで様々なアプリの音色を使ったトラックを一カ所でミックス出来るという面白みもあります。

但しLoopyアプリは、音色にエフェクトをかけたりピッチを変えたりといった機能が非常に貧弱。
即興での多重録音には向いていますが「編集」は苦手です。

その場合は先程のFigureとは逆に、オーディオデータをエクスポートして使うか、割り切るしかありませんね。

因にこのアプリ、最大で12トラックまで作れますので一つ一つに音色やパートを割り当て、ライブでのパフォーマンスに利用するのもアリです。
IMG 5068

マルチトラックに興味のある方、DLしてみては如何でしょうか。

他にもデモビデオを集めてみました:

Loopy HD
カテゴリ: ミュージック
現在の価格: ¥800

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>