NewImage

スタート&ストップボタンで簡単に自分の行動時間を計る事が出来るタイムログアプリです。

何か新しい事を始めたい時や、ダラダラした生活を引き締めたい時、プロジェクトチームと仕事の流れを共有したい時は、こんなタイムログアプリを使って実際の行動時間を計測するところから初めてみては如何でしょうか。

ログには名前を付けるのではなく、予め「タグ」を用意し、共通項で管理します。取り終わったログは、Googleカレンダーに自動的に保存し、あとで視覚的に確認する事も可能という結構スグレモノ。

タグで管理するというちょっと他とは違う発想のタイムロガー。Googleカレンダーに同期出来るのも便利

IMG 4539

起動後の画面です。非常にシンプルにまとめられています。
中央に大きなログスタートボタン、記録している内容が表示されています。
NewImage

ボタンをタップしログを開始。するとタグやメモを入力出来るようになります。
NewImage

「タグで管理する」というのがこのアプリの大きな特徴です。まずはタグを入力してみましょう。

「タグを追加」というところを押すとタグ入力画面が表示されます。その中に再び表示される「タグを追加」をタップするとタグを入力出来ます。
NewImage

IMG 4551

IMG 4553

入力後、トップページに戻るとタグが入力されています。
IMG 4555

同様にメモも入力可能です。

ログを取る際に必要な作業はここまでです。記録を完了したい時はもう一度真ん中のボタンをタップします。これでタイムログの完了です。
IMG 4557

ログは画面右上のカレンダーマークをタップすることによって、確認出来ます。
NewImage

スタートボタンを押して、ログスタート。必要な情報(タグ、メモ)を入力しもう一度ボタンを押してログの完了。という流れです:-)

 

レポート機能

ログがたまってきたら、レポート機能を統計データを見る事が出来ます。ここからがこのアプリの素晴らしいところ。

画面下部のメニューから「レポート」を選択。
NewImage

「アクティビティを追加」をタップします。

これはレポートにどんなログを反映させたいかという事を入力する作業です。
まず、タイトルには自分が分かりやすい好きな名前を入れます。プロジェクト名など。
NewImage

次にレポートに反映させた時に見やすいようにカラーを指定。
NewImage

最後に条件として、前項で入力したタグやメモに加えた文字列を入力します。インクリメントサーチで簡単に候補が表示されます。
NewImage

条件は複数指定可能です。指定したキーワードやタグを「含む」か「含まない」かで、使用するデータにフィルタリングをかけるというわけです。
NewImage

知りたいデータを入力し終わったら、リストの左横に付いているチェックボックスにチェックを付け、画面右上の「円グラフ」のマークをタップします。
NewImage

円グラフが表示されました。
IMG 4570

日別の他に、週別や月別でも表示可能です。
折線グラフのボタンをタップすると、折線グラフでも表示可能です。
IMG 4572

名前とフィルタリング条件を設定したアクティビティはそのまま保存しておけますので、好きな時に好きな条件でデータを抽出する事が出来ます。
ex)apptoi記事執筆と、睡眠のみのデータ
IMG 4574

恐らく、このタグとレポートの関係が他のタイムログアプリと大きく違う特徴。タグやキーワードでログからデータを串刺しで検索、抽出しグラフへと反映してくれます。

 

Googleカレンダーと同期する

しかし前項までの方法だと、行動を計測していない時間は含まれません。つまり、一日24時間のなかでどの項目がどれだけの時間を使っているかといったようなデータは見にくいのです。
前項のレポートはあくまで「計測した時間」のみが対象です。

代わりにこのQuicklogにはgoogleカレンダーと同期し、データをカレンダー上に表示させる機能が備わっています。

Googleカレンダーと同期するためにはQuicklog側で設定が必要です。画面下部のメニューから「データ」を選択し、アカウントから「Google」を選択します。
NewImage

お使いのGoogleアカウントを入力すると、カレンダーを選択出来ますので、任意のものを選択
NewImage

これでQuicklog側の設定は完了です。

Googleカレンダーにはこの様に反映されます。
NewImage

NewImage

青い部分がQuicklogでログをとった時間帯。こうしてみると途切れ途切れなのが分かります。

ログにタグやメモ(情報)を付け、それをレポートやgoogleカレンダーに反映させるという流れは非常に便利です。
記録を取ったら取りっぱなしではなく、活用する工夫がなされています。そのためにチマチマとタグやキーワードを入力するのは最初は少し面倒ですが、入力しておけば後で大きく役に立ってくれます。

クラウドベースのサービスが主流のなか、iPhoneのみで完結するアプリですので好みが分かれますが、googleとも同期できるのでユーザーの工夫次第で様々な使い方が出来るのも魅力です。

 

¥170
カテゴリ: 仕事効率化
更新: 2011年7月1日
バージョン: 1.2.1
サイズ : 4.1 MB
言語: 日本語, 英語
販売元: Shogo Tsuji
© 2010 Polygon House, Inc.
4+ 評価

QuickLog v1.2.1 - QuickLog


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>