NewImage

私生活や仕事に関する簡単なテンプレートで、手軽にライフログをEvernoteに記録出来るアプリ。

開始時間と終了時間でタイムログを取る事も出来ます。

アイコンにイメージを用いたり、ライフログの履歴を確認出来るので、Evernoteを使ったライフログビギナーにはもってこいな感じ。

タスクの開始〜終了までをテンプレートを使って簡単に記録。そのままEvernoteに送信出来る、おすすめライフログアプリ!

起動すると早速「ログを開始」の文字が。
IMG 4421

このままではまだEvernoteにログイン出来ていませんので、「設定」からログインしちゃいましょう。
NewImage

IMG 4371

ログインが完了したら、「ログ開始」のメニューに戻り、具体的な使い方の説明をします。
このアプリ、一体どういう風に使うのかというと、、、

例えばこれから仕事を開始するとします。実際は仕事と一口に言っても業務内容は様々でしょうが、この場合はざっくり「仕事」とします。まずは「仕事」と書かれたアイコンをタップ。
NewImage

すると詳細画面が表示されますので、開始時間を確認しそのまま「ログを開始」ボタンを押し前画面に戻ります。これで記録が開始されます。
NewImage

終了するときは、もう一度「仕事」のアイコンをタップし、そのまま「終了」をタップ。
終了時刻を入力し「保存」すればログの完了です。
NewImage

「終了」まで入力し、完了した記録は自動的にEvernoteにノートとして送信されています。
NewImage

ログを取っている最中の項目はトップ画面に表示されます。
NewImage

同時に進行しているタスクの記録を複数計測する事も可能というわけです。

レビュー用に色々弄ったものですが、履歴をそのままアプリで確認する事も可能です。画面下のメニューから「履歴」をタップします。
NewImage

ログを開始〜終了した項目が表示されます。タスク管理系のアプリと併用するとかなり捗りそうですね。

ログを取る項目を変更する

デフォルトでは「睡眠」〜「その他」までの12種類の項目が用意されています。これは基本的なものですので、カスタマイズしてみましょう。
メニューから「カテゴリ」を選択してみて下さい。
NewImage

この画面で、各項目の内容を変更する事が出来ます。試しに「睡眠」をカスタマイズしてみましょう。

タップすると詳細な画面へ。
IMG 4382

アイコンを変更してみます。100種類以上ものポップなアイコン画像が内蔵されています。カラーも3色から変更可能。
IMG 4386

次にアイコンの名前です。
NewImage

そしてタグ。これはevernoteからデータを取り込んでいるようです。
IMG 4387

最後にカレンダーです。設定でログをカレンダーに記録出来るのですが、どのカレンダーを使うかという事ですね。*現在iOS6ですと、上手く同期出来ないようです。
IMG 4388

最後に保存を押せば変更完了です。

また画面の右上にある「+」ボタンから新規でアイコンを追加する事も出来ます。入力する内容は殆んど同じですね。
IMG 4391

その他の設定

ログを開始し、終了、そのままevernoteへ保存という流れは大分使い勝手が良さそうですね。カレンダーに上手く同期出来ないのがちょっと残念ですが、、、。

前項までの機能以外ですと、Evernoteに送信するノートを1日毎にまとめる機能があるようです。
NewImage

またTextExpanderにも対応している様子。これはいいな、、、!
NewImage

またジオフェンスといい、ある特定の場所に入ったか否かでログの開始、終了を自動的に行ってくれる機能もあります。
IMG 4392

現状だとカレンダーに上手く同期してくれないのがちょっと残念ですが、それでも十分過ぎるくらいな機能ですね。

シンプルだし、自分の行動記録をEvernoteに逐一記録出来ます。

ハマりすぎて、恋人や奥さんに行動記録を全てチェックされるというデメリット以外は素晴らしいですよ!

無料
カテゴリ: 仕事効率化
更新: 2012年10月22日
バージョン: 1.2.3
サイズ : 4.9 MB
言語: 日本語, 英語
販売元: Norio Natsume
© 2012 Natz Soft.
4+ 評価

iライフログ - Natz Soft


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>