NewImage

水面に雫を落とした時のようなアクションで、ヒーリング音を発生させる事が出来るループエディッター。

分類的には楽器アプリになると思いますが、誰でも簡単に操作出来ますし、音楽を演奏するというより、ちょっとした癒しタイムの演出にピッタリなのではないでしょうか。

とてもシンプルなアプリですが、ずっと遊んでても飽きがこないのがホント不思議。

波紋を反響させてリラックス音を発生させるループアプリ。ただ聴いているだけでも、遊んでても時間を忘れられる。

 

IMG 0537

単色のキャンパスをタップすると、ゆっくりとサークルが広がっていきます。一つ発生させただけではそのまま外まで広がっていってしまい、音を発生させる事は出来ません。
NewImage

二つ以上のサークルがぶつかった時に「ポーン、、、」という心地よいベルの様な音を出します。
NewImage

互いにぶつかり合ったサークルは反対方向へと弾かれます。円が広がっているときぶつかったのであれば小さくなっていき、小さくなっている最中にぶつかったサークルは広がっていきます。
NewImage

そのまま次に当たる場所を探してサークルは広がったり縮まったりを繰り返すわけです。

キャンパスのどこがどんな音かは分かりません。サークル同士がぶつかった時に発する音も、法則性は無いようです。正確に制御し、自由な音楽(ループ)を奏でるのは困難です。

制御出来るのはテンポと音程、それからスケールでしょうか。
画面左のメニューの中の「音符」のボタンを押してみて下さい。
NewImage

このメニューでコントロール可能です。しかし音程やテンポもスライドバーで操作しますので、正確な制御はやはり難しいでしょう。
NewImage

完全に感覚で遊ぶアプリのようですね。

 

気に入ったループはセーブしておける

気に入ったループは保存しておけます。

画面左のメニューからmailboxのようなアイコンをタップ。
NewImage

名前の入力をして「Save」を押せばOKです。この後にご紹介する音色の変更や環境音の追加で様々なヒーリング音をエディット出来ますので、気に入ったループは是非保存してきましょう:-)
IMG 0549

自動ロボットを使って簡単にループを作成

自動演奏機能も付いています。今度はメニューから「ロボット」のボタンをタップ。
NewImage

画面上部にロボットが表れ、自動的に演奏してくれます。

お任せモードですね。これはこれでアリかも。
使用者がキャンパスに一度でも触れば、自動演奏モードは終了です。

アドオンを購入して、音色を増やせますよ!波の音や雨の落ちる音など、お馴染みのヒーリングサウンドが用意されています

画面右側のメニューは音色の変更メニューです。
NewImage

デフォルトは枠で示したアイコン。それ以外では、有料アドオンですが4種類の音色が用意されています。
NewImage

隣に並んでいるアイコンは、それぞれ「音色」と「環境音」の選択ボタン。
NewImage

例えばデフォルトはベルの音ですが、これを和風の”琴”のような音に変え、バックに波の音をだしてみます。組み合わせは下記。
NewImage

さらにイメージにあったスライドショーが再生されます。もう癒されまくり。

ただし、有料アドオンはタップすれば即ダウンロードされるので注意が必要です。

NewImage

バックグラウンド再生が可能なので、メモを取ったり、考え事をしながら再生させておくのもいいかもしれませんね。
ループを再生させずに、アドオン購入した環境音だけ流しておくのもいいかも:-)

この App は iPhone、iPad の両方に対応しています。
無料
カテゴリ: ミュージック
更新: 2013年1月7日
バージョン: 3.0.1
サイズ : 46.7 MB
言語: 日本語, カタロニア語, 中国, チェコ語, デンマーク語, オランダ, 英語, フランス語, ドイツ語, イタリア語, 韓国語, ポーランド, ポルトガル語, ロシア語, スロバキア語, スペイン語, スウェーデン語
販売元: Monolith Interactive, Inc.
© 2010-2012 Monolith Interactive, Inc.
4+ 評価

Monolith Loop ◎ Relax ◎ Meditate ◎ Sleep ◎ Zen - Monolith Interactive, Inc.


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>