NewImage ピアノの鍵盤に構成音を表示出来る、コードブックアプリ。
ルートから選択し、マイナーやテンションコード、それらを展開した形までを非常に分かり易く知る事が出来ます。

iOSアプリらしく、表示されている鍵盤をタップすれば、示された通りの構成音でピアノの音がなります。

単純なアプリですが、使いやすさは抜群に良いです。

選択すれば、構成音が分かる!鍵盤をタップすれば音が鳴る!構成音から検索出来る逆引き機能と使い勝手抜群のコードブック!

IMG 0506

まずは起動時の画面から。
左側にコードネーム、その隣に鍵盤が表示されています。
NewImage
元となるコードを選択し、テンションなどを選ぶととなりに表示された鍵盤に構成音が示されるというわけです。
NewImage
そして鍵盤のグラフィックをタップすると、構成音の通りに音がなるという設計です。
NewImage
非常にシンプルですが、これ以上ないほど使いやすいアプリです。
10年前にこういうの欲しかった、、、。

一点、改善点をあげるとするなら、ルートが一番低い音になる基本のコードが分かりにくいという事。
例えばCコードであれば、一番基本となる「ド、ミ、ソ」はここに表示されています。他の二つは展開(回転)したコード。
NewImage
どれが正解とかではなく、どれもCコードですが、他の様々な音楽教本などでも、それぞれの基本となるコードの形は同じように表記されていますので、もう少し統一感をもたせて欲しかったですね。

因にこれはC#コード。
ルートが一番下にくるコードはこれ。
NewImage
「基本形」と「展開形」を分けて表示されているともっと分かりやすいかも。

因に、セブンス以降はアドオン購入にて機能解除しなければ使えません。
無料版でも十分過ぎるくらい役に立つのですが、フルバージョンを使いたければ有料になってしまいます。
IMG 0492
IMG 0493
では次に、逆引き機能をご紹介します。

画面下部のメニューバーから「Reverse」を選択。
NewImage
するとこのような画面が表示されます。
IMG 0494
この機能は、ルートから順に構成音を選び、コードネームを調べる機能です。
先程はコードネームを知ってる場合に構成音を調べる為のメニューですが、今度は構成音からコードを調べる為のメニューという事になります。

まずは、画面上部からルート音を選んで下さい。
NewImage
ここでもCコードを例にご説明します。

ルートを選択すると、その下の鍵盤に文字が表示されます。最初はルートを示す「R」を選択。
NewImage
すると、画面右下に、候補となるコードが一気に表示されます。そのままコードネームをタップすれば、鍵盤に構成音が示されます。鍵盤をタップすれば音がなりますよ:^)
NewImage
構成音から逆引きしたい場合は、更に音を加えていって下さい。
例えば、ルートに「C」を選んだと、二番目にメジャー3度でいってみましょう。
IMG 0498
すると、右下のコード表がまた更に絞られます。メジャー3度を選んだ事により、マイナーのコード候補がフィルタリングされ、C(M)に絞られました。
NewImage
次は完全5度を足します。「P」とはパーフェクト、完全という意味です。パーフェクトフィフスといったりもします。
さらに7thも足しましょう。かなり絞られてきました。
IMG 0499
このように構成音からコードの候補を絞れる「逆引き検索」機能も備えています。

最後はメモ機能です。

構成音が示された鍵盤を長押しすると、メモページにそのまま貼付ける事が可能です。
NewImage
そのままメニューバーから「Memo」を選択すると先程メモしたコードが貼付けられています。
NewImage
この鍵盤もタップすれば音が出ますし、右に表示されたパッドをタップしても音が鳴ります。
NewImage
つまり、ここに幾つかのコードを貼付ければ、簡単なコードバッキングも可能となるわけです。
ピアノ鍵盤でコードの構成音を確認しながらプレイ出来るというのは、なかなか侮れない機能だと思います。

また、画面中央の「#」や「♭」のボタンをタップすればそのまま全てのコードを半音ずつ上げたり下げたり出来ますので、移調も楽々です。
NewImage
IMG 0505
ただ、こちらも有料版ですと20個まで貼付けられますが、無料版ですと4つまでです。
20もコードを使う曲ってなかなかないですが、4つはさすがにちょっと寂しいですね、、、。

UIのデザインがちょっとダサいですが、本当に使いやすいアプリですね。
コードブックとしての機能だけであれば文句なしだと思います。

また、コードバッキングが可能な事を想定して、音色も悪くありません。耳障りでもなく素直なピアノの音ですので、ずっと使っていても耳が疲れたりする事がないでしょう。

有料版へのアップグレードは¥350です。これが高いかどうかは使う人によりけりですが、個人的にはmidi機能を有料版からでいいのでつけて欲しかったです。受信、送信両方あれば、かなり使い方の幅も広がると思うのですがどうでしょう。

因に、このアプリはiPhone版とiPad版のユニバーサルです。
iPhoneでコードを検索してもいいし、iPadの大きな画面でコードの勉強をしても良しですよ:-)
IMG 3916
IMG 3917

この App は iPhone、iPad の両方に対応しています。

無料
カテゴリ: ミュージック
リリース: 2013/01/09
バージョン: 1.0
サイズ : 17.8 MB
言語: 日本語, 中国, 英語
販売元: ACCESS, K.K.
© ASoft.iOS
4+ 評価

PChord (ピアノコードブック) - Asoft.iOS


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>