NewImage

オープニングから悲劇的なシーンが繰り広げられていく、オーソドックスなシリアスRPG。
SFCや初代PS時代を彷彿とさせる壮大なファンタジーRPGです。

一部を除いて、iPhoneなどの携帯RPGゲームはストーリーやゲームシステムよりも、 テンポ感を意識してサクサク進められるライトな設計が多くなっていた昨今で、珍しくド王道を突き進むゲームです。

シンプルな王道RPG!特に、最近のRPGにはあまりない思い切りのよいストーリーが好感触

IMG 3463
魔物を操る事が出来るという「魔人伝説」が伝わる、主人公が暮らす村。物語はそこからスタートします。
主人公は、魔物と心を通わす事が出来る為に村人達から気味悪がられている少年「フォルト」。
IMG 3464
孤児院で暮らす孤児でもあるフォルトの唯一の救いは、同じ境遇である幼なじみの「エリシア」と「レグザ」がいつも一緒だという事。
IMG 3466
しかし、彼らが暮らす王国を領土としようとする帝国軍の魔の手が村まで忍び寄っていた。
孤児院の院長のいい付けで裏山まで出かけていたフォルトと親友のレグザは、いち早くその危険を察するが、、、。

主人公が召還士となり、魔物達をパーティに。多彩なキャラクターメイキングが魅力

IMG 3452もう、のっけから「え、、、」「うわっ、、、」という、シリアスで重いシーンが繰り広げられて、もの凄くテンションが下がるのですが、その分後々の展開が気になります。iPhoneのRPGではあまり見かけない重厚なストーリーが楽しめそう!

グラフィックやサウンドも、一昔前の少しチープな感じを残しています。
CGやキャラクターボイス、カットインがバンバン入るようなゲームではありません。
IMG 3461
建物や宝箱なんて、もうあの頃の王道ファンタジーモノそのものでちょっとワクワクしました。
IMG 3469

最大の特徴は、主人公が「サマナー」、つまり魔物を操る召還士となり、魔物をプレイヤーキャラとして召還しパーティを組んでゲームを進めていくという点。
IMG 3477
個性豊かな仲間キャラクターと冒険をするのではありませんが、4つのタイプ(種族)が用意された魔物に、更に4つの職業が選択可能。性別を選んで、キャラクターメイキングを楽しむ事が出来ます。
IMG 3478

IMG 3480

加えて、それぞれの種族毎に2つのパッシブ(常時発動)スキルが用意されており、うち一つを選択可能。
おまけに、カラーも3種類から選べるなど、自由度の高さが魅力。
IMG 3481
レベルを上げれば更に見た事もない職業が選べるようになるかも、、、。
IMG 3457
気になる戦闘シーンはこちら。敵味方両方の姿が見えるサイドビュー。
IMG 3462
一度選択すると自動的に戦ってくれる「オートモード」が便利:-)
NewImage

データのセーブ/ロードはどこでも可能。こちらも携帯ゲームを意識しての設計でしょう。
IMG 3476
懐かしの「体力回復魔法陣」もアリ。
IMG 3470
マップやダンジョン内はタップで指定して操作するタイプです。一度タップすれば、その場所に到達するまで自動的に歩いていってくれます。
NewImage
ソフトウェアコントローラーを表示させる事も可能ですが、ちょっと操作しにくい。
この辺りは他のRPG同様、課題が残ります。 NewImage

もともとAndroid版で人気だったRPGのようですね。
懐かしくて、実はかなり本編を進めてしまったのですが、今の所これといって大きなバグは見当たりません。
上手く調整されている模様。

ゲーム難易度は高めです。
特に序盤はアイテムやスキルが整っておらず、苦戦してしまいます。落ち着いてくるまでに何度かゲームオーバーしてしまいました、、、^^;

「おいおい、これはあまり携帯ゲーム機でやるべきじゃないな、、、」と思ったのですが、知らず知らずのうちにハマってしまう。

シンプルな王道RPGを楽しみたい方に、オススメの一本です。

 

¥800
カテゴリ: ゲーム
更新: 2012/11/07
バージョン: 1.0.1
サイズ : 15.3 MB
言語: 英語
販売元: Kotobuki Solution Co., Ltd.
© 2012 KEMCO/MAGITEC
以下の理由により 9+ のレーティングがついています。
まれ/軽度 アニメまたはファンタジーバイオレンス

RPG 盟約のソリテュード - Kotobuki Solution Co., Ltd.


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>