NewImage

自分が毎朝通勤で使っているルート、一体どのくらいの距離を通っているのか気になった人は少なくないと思います。

交通手段は人それぞれですが、長い距離を進めば進むほど、面倒くさいと感じながらも「実は結構身体にもいいかも」とか考えてしまいますよね。

今回ご紹介するアプリは、自分が気になっているルートの実際の距離や、標高、消費カロリーまでiPhone上で確認出来てしまう地図アプリです。

 

■タップしながら、区間の距離を簡単に計れるアプリ!通勤やマラソンコースを考査するのにピッタリ

IMG 3133

起動すると、見慣れた地図が表示されます。そのままでも使えますが、折角の地図アプリですので、まずは位置情報の使用をONにしておきましょう。
IMG 3119
NewImage
基本的な検索機能。始めは「現在地」のみ。試しに最寄りの駅を検索してみます。「目白駅」と入力。
IMG 3135
駅だけでなく、周辺の関連施設も候補に挙がってきますね。

実際に距離を計る場合はまず、地図に表示された『+(プラス)』マークをタップします。
NewImage
そのまま、次の地点をタップ。今回は検索で「池袋駅」までの距離を計ってみます。
IMG 3137
検索した地点を再びタップ。すると、先程タップした「目白駅」を開始地点とし、池袋駅までの距離を計る事が出来ます。1km弱しかないんですねー。
NewImage
では、次にマニュアルで距離を計ってみようと思います。
目白通りから新目白通りの交差点までの距離を計ります。まずは開始地点として、JR目白駅を通る目白通りを開始地点とします。
IMG 3140
そこから、緩やかにカーブする目白通りをなぞるようにタップ。カーブは描く事が出来ませんので、実際はタップを複数回続けてルートを繋げていく形になります。

間違ってしまっても「アンドゥ」機能があるので安心です。
NewImage

アンドゥボタンをタップすれば、一つ前の状態に戻す事が出来ます。

ゆっくりとトレースしていき、目的の地点へ到達です。今回は2km弱ですね。
NewImage

いつも使っている通勤ルートの他に、子供が歩いてる道の距離や、自分のランニングコースを決める際にも役に立ちそうです。

無料アプリですが、動作は比較的安定しています。アプリの開発元はあの人気地図アプリ「マピオン」だそうですので、地図の誤表示などの心配も少ない。

自動ルート検索などの機能はありませんが、その代わりに他にも面白い機能がついています。

■カロリー表示と、標高の表示。

区間距離の測定の他にもちょっとした便利機能を備えています。
まずは、カロリー表示機能。

新目白通りから、中野通りまでの距離を計ってみたのですが、画面上部のステータスバーに注目です。

左から、距離、条件を設定した場合の開始地点から終点までの時間、その下にはカロリーが表示されています。
NewImage
この場合だと「時速3.2kmで徒歩で進むと、18分かかり65kcal消費する」という事が表示されています。更には「コーラ350ml0.5杯分」なんてことまで。こりゃ便利!

また地図の下に表示されているグラフのようなもの。これは”標高”です。
NewImage
地図ではなく、このグラフをなぞると、黄色いバーに沿って標高を確認する事が出来ます。
NewImage
距離だけでなく、消費カロリーや標高も計測出来るとは、思った以上に便利そうなアプリですねコレ。

地図表示画面のアピアランスや詳細な設定を行いたい場合は、画面下部のメニューの一番右をタップします。
NewImage
ペラッと地図がめくれて、各設定の項目が表示されます。
3D”風”表示や距離を数字で示しているふきだしの表示、先程ご紹介したカロリーや標高の表示などはここから設定可能です。
IMG 3156

更に進んで「設定」へ。
NewImage
この画面では、計測設定の詳細を変更出来ます。
徒歩かジョギングなのか、車に乗っているのかや、消費カロリー計測用に、性別や年齢、カロリー換算単位もありますね。
IMG 3146
IMG 3148

移動方法は更に詳しく設定する事も可能です。
IMG 3150
カロリー換算単位も沢山。
IMG 3149

■保存、共有

最後に、保存と共有です。

計測した距離は、名前を付けて100件まで保存出来ます。
IMG 3155
いつも使うルートや、ランニングコースを保存しておくのに便利。

また、Twitterやメール送信機能もありますので、駅から自宅までの経路などを友人に知らせたい時にはこちらを使ってみるのもアリですね。
IMG 3153

他にもルートを色分けし、3つまで地図に表示させる機能など、とても無料とは思えないボリュームのアプリです。
通常の地図アプリのように、自動的にルートを検索してくれたり、施設やお店を検索し情報を取得したりといった機能はありませんが、また違ったシーンでのニーズは十分に考えられます。

今回ご紹介したのはiOSアプリ版ですが、Web版のサービスもあるようです。
PCで調べたい場合はこちらの方が使いやすそう。
リンク|キョリ測(ベータ) 地図をクリックして距離を測定 消費カロリー計算や面積測定も

ご興味のある方はあわせてチェックしてみるといいと思います。

 

  • 無料
  • カテゴリ: ナビゲーション
  • リリース: 2012/12/03
  • バージョン: 1.6.0
  • サイズ : 1.2 MB
  • 言語: 日本語
  • 販売元: Mapion Co., Ltd.

キョリ測 - Mapion Co., Ltd.


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>