本日、iTunes 11がリリースされた。当初の予定から1ヶ月送れてのリリースとなったが、新iTunesはデザインを一新してより使いやすくなっている。

Voila Capture227

iTunesのメニューからアップデートを確認すると、iTunes (11.0)が利用可能というメッセージが表示された。

Voila Capture223

「iTunesをダウンロード」をクリックするとMac App Store上にアップデート内容が表示された。

Voila Capture224

「アップデート」をクリックするとダウンロードが開始され、新iTunesが起動された。

Voila Capture225

ライブラリの情報をAppleに送信するかどうか尋ねられたので、「同意します」をクリックすると、アルバム一覧が表示された。全体的に白くなった画面にいきなりアルバム一覧が全画面に表示されちょっと驚いた。

Voila Capture226

アルバムをクリックすると曲一覧が表示される。アルバムタイトルの右のボタンをクリックするとメニューが表示され、プレイリストへの追加やiTunes Store表示ができる。アルバムをダブルクリックまたは曲をクリックすると再生が開始される。

Voila Capture252

iTunes Storeではアーティストの曲情報や他のリスナーが購入した曲一覧が表示される。iTunes Storeへ移動した後も曲の再生は継続される。右上の「ライブラリ」ボタンをクリックするとミュージックライブラリに戻る。

Voila Capture253

プレーヤーの右のメニューをクリックするとアルバム内の曲一覧が表示される。

Voila Capture259

メニューの右上の時計アイコンをタップすると、再生履歴が表示される。

Voila Capture260

右上のボタンをクリックするとミニプレーヤーに切り替わる。

Voila Capture256

ミニプレーヤー上には曲情報が表示され、マウスを載せると操作ボタンが表示される。

Voila Capture254

トップのメニューはタブ形式になっており、アーティストやジャンル、ビデオ、プレイリスト、ラジオが選択できる。

Voila Capture257

ラジオでは様々なジャンルの音楽やニュースを視聴できる。例えば、Jazzには228もの局が提供されている。これはかなり強力だと思う。

Voila Capture258

右上の「iTunes Store」ボタンをクリックすると、画面がiTunes Storeに切り替わる。iTunes Storeもデザインが全面変更されている。

Voila Capture241

こちらはApp Store。同様にデザインが変更されているが、画面構成と機能はほぼ同じだ。

Voila Capture242

アプリのページでは、スクリーンショットがトップに移動している。

Voila Capture244

説明やバージョン情報等は画面下に表示される。

Voila Capture245

評価とレビューは別のタブに表示されるようになった。

Voila Capture246

関連タブには開発元の他のアプリや他のユーザーが購入しているアプリ、トップセールスといったたくさんのアプリが表示される。

Voila Capture247

右上に「2台のiPhone」と表示されているのが現在接続されているデバイスを示すボタンで、クリックするとデバイス一覧が表示される。一覧上のデバイスをクリックして選択すると、デバイス情報が表示される。アプリの管理画面もデザインが更新されている。

Voila Capture236

iTunes Storeやデバイス管理は機能的にそれほど変わっていないが、音楽再生回りはダイナミックに変更されている。個人的にはミニプレーヤーでラジオを再生する機会が増えそうだ。

Voila Capture261

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>