MobileMeでブックマークを同期すると、パソコン上のSafariブックマークとiPhoneやiPadのSafariブックマークをOTA(Over The Air)で同期できる。ブックマークの同期はiTunesでも設定できるのだが、OTA同期はデバイスを接続することなしに、パソコン、iPhone、iPad間で自動同期される。

MobileMeを利用するには、年間9,800円を支払って会員になる必要があるが、最初の60日間はフリートライアルが利用できる。

会員登録をしたら、デバイス上でMobileMeの登録を行う。iPhoneまたはiPadの設定画面で、「メール/連絡先/カレンダー」を選択し、「アカウントを追加」から「mobileme」を選択する。MobileMe画面で、 MobileMeアカウントで登録したIDとパスワードを入手する。

アカウントが認識されると、メール、連絡先、カレンダー、ブックマーク、メモ、iPhoneを探すのオン・オフ選択画面が表示される。ブックマークを同期するには、「ブックマーク」をオンにする。

同期を開始する前に、Safari上のブックマークを「ブックマークを書きだす…」でバックアップしておいたほうが良い。私の場合、「このパソコン上のブックマークが消去されます」というメッセージが表示され、そのまま同期をしたところ、パソコン(Mac)上のブックマークが空になってしまった。MobileMeの空のブックマークでMac上のブックマークが上書きされてしまったということだ。バックアップがあれば「ブックマークを読み込む」でバックアップファイルを読み込んでブックマークを元に戻すことができる。

Mac上での同期設定は、「システム環境設定」から「MobileMe」を選択し、「同期」タブ上の「ブックマーク」をチェックする。

画面右下の「詳細」をクリックして、 表示されるウィンドウの左下の「同期データをリセット」をクリックすると、以下のような画面が表示される。「置換の対象」で「ブックマーク」を選択して矢印で向きを指定し、「置き換える」をクリックすると、指定した向きにデータを上書きすることができる。

同期が開始されると、パソコン、iPhone、iPadのSafari上で追加されたブックマークは他のデバイスに自動的に同期されSafariのブックマークに反映される。

カレンダーや連絡先のデータは、MobileMeに同期された情報をMobileMeのウェブサイトで利用することができるが、ブックマークはMobileMeウェブサイト上では利用できないので、MobileMeを経由して他のデバイスと同期して初めて利用価値が出てくる。また、Xmarksを利用すると、FirefoxやChrome上のブックマークとも同期が可能になる。

MobileMeの同期の問題のトラブルシューティングはこちら


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>